俳句中心

2012年10月23日 (火)

英俳

ジャックケルアックの英語俳句を見てみる。

ギンズバーグとか、ビートニック系の作家はあまり知識はないんだが、アメリカにもこの時代に俳句を取り入れる感覚はあったのか…

代表作かな。

続きを読む "英俳" »

2012年3月11日 (日)

吟行としての伊勢路行

親の卒所旅行の写真見ていたら、ちょっと俳句が浮かんできた。

写俳というのかな。

並べてみます。どうかな?

続きを読む "吟行としての伊勢路行" »

2012年3月 5日 (月)

親の卒所旅行~番外編、伊勢路と誓子

山口誓子。
伊勢路のおかげ横丁になぜ彼の俳句記念館があるのだろう?こじんまりしていたが、けっこう居心地のいい空間だった。

続きを読む "親の卒所旅行~番外編、伊勢路と誓子" »

2012年1月21日 (土)

具象と抽象と作為と

この時期の雨、ちょっと雪交じりの冷たい射すような雨、「時雨」ということは俳句歳時記で知った。

もう、こういう時の自転車通勤、どうするか迷うんだよなあ。いっそのこと休んだろ、とすら思う。

続きを読む "具象と抽象と作為と" »

2011年12月18日 (日)

俳句における直喩論と師匠の句

銀化11月号、新井竜才氏の俳句における直喩論が興味深かった。

俺は、~ごとく、とか、~のやう、とか、、~ににて、とか言ってしまうと俳句は成立しないと勝手に思い込んでいたが、別にありなんだなあとおもった。

続きを読む "俳句における直喩論と師匠の句" »

2011年11月19日 (土)

舌求む分離させまじ柿の種

しょうもない句ですが、状況を解説します。

続きを読む "舌求む分離させまじ柿の種" »

会報初投句

銀化の会報に初投句してみたよ。どうなることやら。

半年分の会報の代金と一緒に7句。

続きを読む "会報初投句" »

2011年11月 5日 (土)

俳句の王国

Sino師匠の出てる俳句の王国を見た。

句会のシステムは同じなんだね。投句してみなが選んで、多い順に選評して、作者が名乗り、意図を伝える。そして、主宰のコメントと添削指導。なるほど。

続きを読む "俳句の王国" »

2011年10月29日 (土)

俳句添削会in本山

Sinoさん、ojさんとの俳句添削句会、本山、晩酌屋バグースにて。

その前に、かつて住んでいたこの近辺の散策。道路も拡張し、随分様変わりしていたなあ。

Tが住んでいたアパートもう不明。あとかたもない。

続きを読む "俳句添削会in本山" »

2011年10月22日 (土)

当季雑感

23日のイベントを控え、降水確率60%だと!

土曜は100%だと!設営は土砂降りかい!!

なんだか、天気ばかり気にして、落ち着かないなあ。どうにもならないことは分かっているけれど、そりゃあ、雨が降れば、野外イベントは大ダメージだ。雨対策実務も増えるし、売り上げが落ちれば、参加団体さんも盛り上がらない。

でもそれを含めて、まつりだなあ。

気が立ってくるのがわかる。周囲の人もそう。興奮してきて、妙に攻撃的。でも、妙に陽気で笑い声がでかい。

続きを読む "当季雑感" »

より以前の記事一覧