« 凛 | トップページ | 近藤房之助論 »

2014年3月 8日 (土)

蕎麦とビーフン

やきそばの麺をラーメンとして使うのが、グッチ裕三式だとすると、蕎麦、うどんをイタリアンにしてしまうのが、屋台や式だ。
讃岐うどんを使ったカルボナーラは、洋風釜玉といった風情で、野球部の若い衆に人気の食べ物だったが、先日の宴会の際、新バージョンで、蕎麦をペペロンチーノ風にアレンジしていた。

鷹の爪とにんにくのスライスが見えたが、もう一つの特徴がたけのこだ。
結構大ぶりないちょう切りにされたたけのこがごろんと見える。
たべると・・・これははまる!
女性陣も最初「なにこれ・・」と言う感じだったが、口にすると「これはくせになる!」に変化した。
もともとそうコシはなかったが、蕎麦の香りはまだ生きていたし、焼くことによって、さらに香ばしくなっている。ここは鉄板焼きの店だからね。焼く工程は必ず入っている。
で、オリーブオイルと若干のそばつゆ。
これはしめにおおあり!
青みに菜の花やブロッコリーをあしらってもいいなあ。きっと春を感じるメニューになるなあ。
・・・・・・・・
アイドルの村上信吾君が東京に出てきて、蕎麦のおいしさを知ったと語っていた。
蕎麦もうまいね。
その番組では、彼のリクエストで、今まできいたことのない蕎麦を食べたいということで、蕎麦の名店の店主が、ちょっと変わった食べ方を紹介していた。
丁寧に打った手打ちの蕎麦粉100%の麺に1Kg1万円のチーズをすりおろし、まずは何もつけずそのまま食べる。
見た目は、白い鰹節がかかっているよう。
「チーズと蕎麦、あう!」と絶叫していた。
次にそこに、熱々のかつおだしをかける。チーズが溶けて、蕎麦に絡まる。
「うま!」と更に大声を出す。
店主は、鰹節もチーズも発酵食品なので、蕎麦には合うと思って実験をしたそうだ。
それがいまや、店の看板メニューとのこと。ふーん。すごい。
・・・・・・・・・
で、ちょっと考えたが、玄米で麺が作れないかな。ビーフンがあるが、玄米の持つ栄養をおいしく、手軽に食べれないだろうか・・・
玄米を粉にして練れば、新しい麺ができないか?
ジャポニカ米を使って、国内消費を更に高めるメニューができないかな?
小麦やたまねぎは国際戦略食物になりすぎて、投機的要素が多すぎる。減反政策から転換した今こそ、新しい米の麺を開発すべきときではないか?
考えているだろうね。しかし、味覚というものは冒険しないものなのだ。なかなか人の心がつかめないのかな。
「一回炊いてから麺にするっていうのは?」と言う声もあった。おもしろい発想!

« 凛 | トップページ | 近藤房之助論 »

食べ物 飲み物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/59232193

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦とビーフン:

« 凛 | トップページ | 近藤房之助論 »