« A Whiter Shade of Pale | トップページ | 冬の鷹 »

2014年2月22日 (土)

発酵の力

グッチ雄三のらーめんレシピをみたが、独創的!

白菜の古漬けを使う。
にんにくと鷹の爪、ひき肉をゴマ油でいため、白菜の漬物を切っていれる。
そこに、練りだしの素とコンソメを投入。
なんとそこに、焼そばを!
蒸しが入っているだけにすぐ煮えるとのこと!
あまりにユニーク。
らーめんに白菜の漬物?
味覇とコンソメ、同時に使う?
ラーメンに焼きそばの麺?
理由を聞くと説得力があるのだが、この飛躍的な発想はできないなあ。
失敗の連続から、道が見えてきた感じなのだろうか・・・
簡単につくること、今ある調味料の徹底利用、発酵の力を使う、思いつく発想法の骨格はこんなところだが、まだいろいろな発想法があるように思うね。
また、ソムリエ田崎真也氏の熱海の自宅での料理。
さまざまあったが、釣りたてのアマダイのカルッパッチョ。
これがうまそう!
アンチョビで作ったオリーブオイルのソースをかけて、バーナーで炙りを入れる。焼き目がうまそう!
こんなカルパッチョがあるんだ・・・
共通するのは、発酵の力の利用だ。
俺はこのことを第一に頭においておこう。

« A Whiter Shade of Pale | トップページ | 冬の鷹 »

食べ物 飲み物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/59115403

この記事へのトラックバック一覧です: 発酵の力:

« A Whiter Shade of Pale | トップページ | 冬の鷹 »