« イタリアに学ぶ医食同源 | トップページ | 年頭に思う。 »

2013年12月30日 (月)

澱を押し出そう!

最近、人の住居や、ある意味心に踏み込む仕事に従事している。
当然、守秘義務もあるし、その人の生きてきたプロセスの重さに呆然とする部分もある。

自分のアイデンティティもかなり揺さぶられている。

そんな仕事の中で、自分自身の精神をを守るためには、とにかく切り替えて、引きずらないことが最重要だと感じている。

休養することとか、飲酒や羽目をはずしてのストレス解消という方法だけでは、この精神に沈殿する澱のような想念を振り払うには、足りないと感じている。

肉体を使うこと。まずはこれだ。

自転車を激しくこぎ、帰宅途中に激しく泳ぎこんで、全身をへとへとにしないと、想念が精神を蝕んでしまうという危険を感じる。忘れ去って、持ち帰らないことが必要だ。

スポーツでもトレーニングいい。
イメージとしては、筋肉をポンプにする感じ。血の巡りを円滑にし、澱を廃棄物として押し出すこと。

こんな感じだ。
また、何かに没頭し、そのことのみに集中することも必要だ。

今、自転車、水泳、ギター演奏に頼っている。自ら立つよりどころと言ったところかな。
ただ、表現することには、非常な負荷がかかっている。
以前は、ストレスフリーに音楽評論や、読書感想などかけていたが、自分が見聞きしたものが、無意識的に出てしまうのでは、というバイアスがかかり、自分でも隔靴掻痒で、はじめてものが書きづらいと感じている。

しかし、これも、自分の課題として、克服していきたい。

時間がかかったとしても、いつか昇華して、鍛えられた自分の意見にしていきたいね。

よいお年を!

« イタリアに学ぶ医食同源 | トップページ | 年頭に思う。 »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

o1211さんの記事からは、いつもパワーを伝わってきて、こちらも元気をいただいています^^
来年も頑張っていきましょう!良いお年を^^

明けましておめでとうございます。
今帰ってきました。実家でボーっとしてました。
速めに日常モードに戻りますわ。
お互いがんばりましょうね。無理はしないようにしながら。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/58842232

この記事へのトラックバック一覧です: 澱を押し出そう!:

« イタリアに学ぶ医食同源 | トップページ | 年頭に思う。 »