« 12月メモリーレーンアコースティックライブ | トップページ | イタリアに学ぶ医食同源 »

2013年12月26日 (木)

味仙のなすラーメン

なんだかんだと味と言うものは保守的になる。通常、「これこれ!これが食べたい!やすいしうまいし。」と言う心情になるものだ。

ソムリエの田崎信也氏は、同じ料理は口にしないということを実践しているそうだ。
プロとして見上げた根性だし、美味のあくことなき追求を素直にすごいなあと思う。
そこまでではないにしろ、定番の注文品はあるよなあ。
たとえば、味仙にいったら台湾ラーメンとかね。
で、この間、その感覚をゆさぶられた。
メモレンスタッフさんとryoさんayakoさんたちと最後に大須の味仙で、打ち上げていた際、辛いものが苦手というスタッフさんが注文した品が、自分が頼まないものばかりだったので、自分の狭さを思い知らされた。
チャーハンもうまかったし、肉団子もうまかった。
チャーハンはにんにくがバキバキに決まっていたし、肉団子はこげ茶色のでこぼこの塊で、みためは沖縄のお菓子サーターアンダーギーのようだった。
これは獅子頭というべきものなのかな?
ひき肉に何かをまぶして揚げている。
パン粉のようにも感じるが、パン生地そのもののようにも感じた。
アメリカンドッグの皮とも思った。うーむ、不思議な食感の肉団子だな。
そして、なすラーメン。
なんじゃこれ!
簡単に言って、マーボーナスがラーメンにかかっていて、汁がない状態といっていい。
でも、うまい!
それほど辛くなくて、ナスのコクと食感がラーメンのコシの強さと対照的になり、ぷるんとした舌触りを強く感じる。これはラーメンでは感じたことがない感覚だ。つるん、ぷるんだ。
で、さらに、ナスからミンチのうまみがしみだしてくる。ひき肉とナスはほんとに相性が良いなあ。
これはちょっとおもしろい!
台湾ラーメンも食べたいところだが、俺はなすラーメンにする!で、絶対台湾ラーメン頼む奴がいるので、そいつとと半分ずつにしよ!

« 12月メモリーレーンアコースティックライブ | トップページ | イタリアに学ぶ医食同源 »

食べ物 飲み物」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/58773195

この記事へのトラックバック一覧です: 味仙のなすラーメン:

« 12月メモリーレーンアコースティックライブ | トップページ | イタリアに学ぶ医食同源 »