« 2013区民まつり | トップページ | 亀田音楽専門学校 »

2013年11月 2日 (土)

td大とのテストマッチ

名城大BとTD大のテストマッチが行われた。

昨年度、不祥事からリーグ戦参加を自粛したTD大のリーグ戦復帰に意味もこめたテストマッチだったと思う。
1年のブランクは大きいし、そう簡単に走れない。
40分ハーフはもたないので、なんか適当に切り上げた感じだったが、たくさんの重要なシーンがあったように思った。
一番感じたのは、ブレークダウンをもっとがつがついかないとパスにも影響するということだし、数人で取り掛かるということが非常に大事だということだ。
ラック時のオーバーや、相手ボールを奪いに行く押しこそが重要である。
この圧力が、ハーフ陣の自由度を上げ、精度を上げることにつながるのだ。
また、フォローに入ること、簡単に倒れないことも非常に重要だ。
前半と後半はここに大きな差があった。
また、バックスのディフェンスが非常に重要ということも思い知らされた。
ディフェンスラインの「死守!」と応援団長は叫んでいたが、突破を1秒でも遅らせることが大事だ。
そこもよく見えた。
名城はAもBもよく鍛えられて、体力はだいぶ上がってきていると思う。
でも何か考えが足りないように思う。
いわれたことだけやっているような・・・
Aリーグで朝日や中京と張り合おうとしたら、課題が非常に多い。
でもまあ、いいところも多々あった。
TD大も今後の奮闘を期待する。

1

 

2

 

3

   

Imgp5758

« 2013区民まつり | トップページ | 亀田音楽専門学校 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/58393069

この記事へのトラックバック一覧です: td大とのテストマッチ:

« 2013区民まつり | トップページ | 亀田音楽専門学校 »