« ここ数年の集大成 | トップページ | 平成25年度 中部楽器技術専門学校文化祭ライブ告知と取り急ぎ報告 »

2013年11月 8日 (金)

効率化に抗う

日本は同調圧力が強く、異分子の排除をしやすい気質と風土をもっているように思う。
山や谷に囲まれていたり、自然災害にさらされていたことが大きいのか、企業風土にも色濃く反映し、回り道や失敗を許さず、効率化の名のもとに雇用を簡単に切る国になってしまった。

再チャレンジの掛け声は前安倍政権の目玉だったと思うがどうなってしまったんだろう。
働くものにも生活があり、収入が途絶えれば、そりゃ苦しいよ。優秀なら別だが、世の中は優秀な奴ばかりではない。
凶悪犯以外の前科のある人を雇用し続けるお好み焼きチェーン店社長のインタビュー記事がA新聞に掲載された。
最初は刑務所サイドからの依頼で前科のある人の雇用を始めたが、最初は手ひどい裏切りにもあい大変だったそうだ。いまだ、そこは続いているらしいが、犯罪に手を染めるものは育った環境に問題があるケースがほとんどで、本人と向き合うことで、諄々と諭していけば、お互いの理解が進み、今では大半が定着し、店長にもなり、がんばっているとのこと。
一番感じるのは、上司の人を育てる能力が格段に上がっているということだという。
そのことが、企業の力に転化していると思っているそうだ。
人は単年度で動いてない。
効率一辺倒では、うまくできない奴を解雇して、短期的配当アップを求めるだけになり、絶対行き詰ると思う。
昔はうまくできない者を育てる気風が日本の会社にあったと思うが、競争と効率化の名の下に、若者を食いつぶす負の部分が拡大し、ブラック企業という恐ろしいモンスターすら成立してしまっている。
ときどき「マンションかいませんか?」みたいな電話があるが、こんな不毛なことを前途ある若者にさせていいの?
・・・・・・・・・・・
で、次に考えるべきは、この会社の金を持ち逃げしてしまい、ギャンブルなどに費やしてしまう反社会的行動から抜けきれない者を社会はどう包摂すべきなのか?ということだ。
今度は、アルコール中毒から脱出してきたルポライター意見記事。
まず自分が弱い人間であると自覚すること。
夢とか、こうすれば何とかなるという意識を捨てること。
すべてを無くしてしまわないと、また絶対何かの中毒になって見境がなくなってしまうと、この方は言う。
壮絶である。
夢の挫折の代償は大きい。
夢を語るのがなぜ必要なのかは、その夢をかなえるプロセスで学ぶことが大きいし、挫折経験からの立ち直る意識こそが大事なのであり、人生の目標の設定というモチベーションのためなのだ。
「政治家になりたい」「野球選手になりたい」という夢は結構だが、中身を磨き続ける覚悟がなければならないのだ。
一生、夢はかなうことはないのだ。人生一発逆転で政治家なるのが夢?
選挙に勝つためだけのだましのテクニックを追求し、「夢」がかなった、実務能力の皆無な某市長が市民に大迷惑をかけている。
磨き続ける覚悟とは、今の実力や真実を見ようとし、人の意見を参考にし、トライアルアンドエラーを繰り返すことだと思う。
この覚悟がすわらないと、現実逃避してしまう。
これが挫折の中身で、中毒や自己破壊、反社会的行為へ突き進む要因にもなるのではないだろうか?
夢や願望を捨てること。自分にはそんな力はないと知ること。
これが無の選択だ。その自覚を促すこと。
俺はこう理解した。
この無から出発するということが、自らも弱い人間である、自分にも必要なことと思う。
・・・・・・・・・・
で、最後は、実際壊れてしまった心の病の問題。
これらのこと最終的には、専門的な公共の事業体によってケアをしていくしかないのだ。
恐ろしいことに、ここの領域まで平気で「効率化」の名の元に削減していく。
生活保護世帯が激増している。
予算と人がつかず、担当者が、事務負担が多すぎて、壊れ始めている・・・
この最後の一線をも壊してしまえば、この礼儀正しい、他者を敬う、たくさんの美徳を持つこの国の人を破壊することになる。
天文学的財政赤字は、この最後の一線に費やされた費用から生み出されてものでは断じてない!
国家予算からしたら、微々たる人間の再生に回すべき費用を何かといちゃもんつけてケチる、官僚や資本家はどこまで強欲で浅ましいのかと思うね。
堪忍袋の緒がまた切れかかっている!

« ここ数年の集大成 | トップページ | 平成25年度 中部楽器技術専門学校文化祭ライブ告知と取り急ぎ報告 »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/58359430

この記事へのトラックバック一覧です: 効率化に抗う:

« ここ数年の集大成 | トップページ | 平成25年度 中部楽器技術専門学校文化祭ライブ告知と取り急ぎ報告 »