« 落合博満の超野球学②続・バッティングの理屈 | トップページ | 受動の情報と能動の情報 »

2013年11月12日 (火)

2013中部楽器技術専門学校文化祭総括

今年で三回目を迎えた区役所講堂を使った中部楽器技術専門学校文化祭。
天気は微妙なところはあったがかなり盛大におこなわれた。
今回は、各学科ブースは学校内に収められ、講堂の周辺には、わずかなブースだけとなった。

  前回は、講堂の内部にもブースが張られ、ブースを見ながら、ステージを見るという形式だったが、今回は全面にいすが置かれ、ステージのみの扱いになった。
今回も、吉田次郎氏のステージが楽しみだった。
9日、昭和爆音婦人会のG子さんと吉田次郎氏のステージ見る。
終わった後、G子さんとエフェクターの観察。ここまで見せてくれるのか!感動。
まったく同じセットが上下に。
「これは予備?」

Cimg5446
うーむ、よくわからないがすごくいい音であることに間違いない。
今回は、エレキギターによるロックもありということで、route66も。
オーバードライブのパワーコードが心地いい。

Cimg5449

今回は他のブースをなかなか見れなかったが、ステージは結構見たなあ。
寸劇がおもしろかったね。演技はご愛嬌だが、BGMと台詞を全部パッケージした音響がおもしろかった。マイクの調子はいまいちだったが、こういう手法もありだ。
学生さんのブラスバンドは随分安定してきたと思うが、今後も続けてほしいなあ。健闘を祈る。
さて、2日目。
3時よりライブ予定で、リハ11時から可能ということだったが、ちょっと転換に時間がかかり流れた。
今回、ビッグバンド、和太鼓など転換のだんどりに時間がかかるものが多く、大幅に遅れてしまったようで、われわれ最後だったので非常に押し詰まってしまった。グランドフィナーレも飛んでしまったが、まあこれも経験。

Imgp5948
でも、ドラムのセッティングがゆるくて、叩きづらそうなのは・・・

Imgp5950
PAはまだちょっと不慣れだったかな。
俺らもまきまきにまかれてなにやったかあまり覚えていないが、何人かには「楽しかったよ」といっていただいた。
恐縮です。

MAKIさんとAZUにも来てもらえてうれしいの一言。
それから、MOの声を「天使の声」と評した人がいたそうだ。うーむ、あのビブラート、初めて聴くとそう聴こえるのか・・・へえ。
はねた後、昭爆さんと打ち上げ。
屋台やとなんや。
やっぱりはねた後は飲みたいね。
昭爆さんのドラマー、サチコさんの、いつもローディーに引っ張られる友達の方の話が興味深い。
プレイヤーではなく、PAやセッティングに相当長けている。
ステージのセットを手伝っているのを見て、新しい先生かと思っていたが、元ヤマハにお勤めのプロの方でした。
いい人だ!また、分析がすごい!

「みんなが全体を見るのではなく、ギター担当のならギター担当の特化も必要です。」

とのこと。なるほど。ゼネラルとスペシャル。

この噛みあわせだね。人生は。

俺も、状況にあわせ、特化されたなにかの分野を持っていたいなあ。

「ここの学校、何か気になるんだなあ。」
わかる!その気持ち。みんな、育ってほしいと願ってしまうのだ。
反省点や足りないところはもちろんあるのだが、それを超えて何とかしたくなってしまうんだ。

Imgp5946

この文化祭、地域に長く愛される行事になってほしいねえ。

Imgp5945

« 落合博満の超野球学②続・バッティングの理屈 | トップページ | 受動の情報と能動の情報 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

お邪魔様でした~
ステージではO1211さんのベースしか聞いたことなかったから、新鮮だったわ!
昭和爆音婦人会さんは強烈に響いた。
あれはすごい。
自分もムズムスなんかやりたくなってきた!
また楽器を引っ張り出しちゃったよ。
あかん。腹筋死んどる。ぶよぶよだ!

昭爆さん、すごいでしょう。ギターのG子さんは、元松栄学童の役員さんです。女子力はすごいよなあ。
それから、楽器もやりましょう!昔アメージンググレースやりましたなあ。katoさんが「鳥肌たった。」と感動していたのが、ついこの間のようです。
準備ができたら声かけてください。なんかやろうぜ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/58558226

この記事へのトラックバック一覧です: 2013中部楽器技術専門学校文化祭総括:

« 落合博満の超野球学②続・バッティングの理屈 | トップページ | 受動の情報と能動の情報 »