« ちょっと前の時事ネタ本 | トップページ | ランブルスコロッソセッコ »

2013年10月16日 (水)

sweet memories

松田聖子が歌ったこの歌、当時、随分大人っぽい歌だなあと聴こえてきた。
ホーンが入り、アンニュイな感じが出ていて、ジャジーな気配もあり、サントリーの宣伝に使われていたんじゃなかったっけ?

今聴き直すと・・・
やっぱり松田聖子だなあ。
舌足らずなこぶしが散見され、メロディはポップだ。彼女はいくつになっても、渋くはならないねえ。それがよさでもあるが。
バックは、かなりの仕上がりだ。
アメリカンポップスとジャパニーズポップスの見事な融合といっていいと思う。
原キーはホーンあわせたE♭だが、俺らがやれば、半音下げてDだろうね。
イントロのフレーズはいいなあ。ほんとエモーショナルだ。
また進行もよくできている。
Aメロも、A-A'、Bメロも、B-B'で、似た構成の語尾変化でそれぞれ独立に解決している。
合間に、イントロリフとAメロのラインのホーンサウンドで、かっこいい。
メロディラインも、メジャースケールでオーソドックスだが、実にいい。
これは、ギターの出る幕は少ない曲なんだが、ギターでアレンジするとなると、「ラストのリードでAメロ2回のまわしで、少しアメリカンポップスよりのフレーズを入れ、甘さを控えめにするがいい。」という天の声がする。
人生のしょっぱさや苦さが少しはわかるお年頃だしね。ためた入りとイントロはダブルノートで行こうかな。
歌は、だみ声もありだ。レイチャールズ、B.B.キング・・・日本人なら憂歌団の木村充輝氏や、近藤房の助氏に歌ってもらいたいぐらい。
bitter memoriesかな。

« ちょっと前の時事ネタ本 | トップページ | ランブルスコロッソセッコ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

私たちの年代には たまりませんね、このメロディー♪
松田聖子さんは永遠のキャンディ・ボイス。やはり並のアイドルではありませんね。
このペンギンさんのアニメもピッタリ合って、キュンとなります。
この曲を憂歌団の木村さんや、房の助さんが・・・面白いと思います!
渋~いジャズ喫茶みたいな所で聴きたいですね♪
このサントリーのCM、松田聖子さんの後に、細川たかしさんも歌っていましたよね?
こぶしをきかせて 「ろんりねすっ♪」・・・とか。。。

やっぱり、この曲は印象深いですねえ。
すごく日本的な歌詞でメロディなんだけれど、レイチャールズやクラプトン的なバラードにも聞こえるんですね。
だみ声論はこのあたりからきます。
アウトロで、ギター、ちょっとブルーノートを入れて、ためためにため、2回しぐらいやってみようかと思ってます。
今度のライブで試してみます。
練習音源を聴くと悪くないと自分では思うが、みんなどう思うのかなあ・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/58124618

この記事へのトラックバック一覧です: sweet memories:

« ちょっと前の時事ネタ本 | トップページ | ランブルスコロッソセッコ »