« sweet memories | トップページ | シジミの差 »

2013年10月18日 (金)

ランブルスコロッソセッコ

サイゼリヤの新メニュー、発泡赤ワイン、いい!
秋口からに向けて、ビール消費がやや下降気味になった際の新提案を感じる。
ランブルスコロッソセッコ。イタリアンワイン。

やっぱり、キンキンに冷えたビールの泡の爽快感は捨てがたいのだが、冬になり気温が下がると、さすがに消費量はへるだろう。しかし、炭酸の爽快感は捨てがたい。この隙間に、このワインはスパッとはまった。
ロッソは赤。ビアンコは白。
また、セッコは辛口。ドルチェは甘口ということだが、このランブルスコはまさに赤の辛口。ロッソセッコ。
しかも、天然微発泡酒。冷やして飲むと爽快だ。まさに秋口の酒。
これがまた一本1000円なのだ!
高いワインはうまいに決まっているが、この価格でこの水準とは・・・あなどれんなあ。サイゼリヤ。
このランブルスコはシード(種)の名前らしいのだが、辛いのに軽い。後口がすっきりしている。
これは、肉系はもちろん、熟れものとも相性はがいいと思う。
でも、いかの塩辛はやめときましょう。生臭くなると思う。
アンチョビやピクルスなどの酢の物はいいと思う。
となると、このワインに合う肴はソーセージ、生ハム、アンチョビのピザ、ミートソースやビーフシチューなんかがいいんじゃないか?
揚げ物より煮込み物かな?
和風だと以外に筑前煮、サトイモの煮ころがしなどの濃い味の煮物がいいかも。
メバルやアイナメの煮魚なんかも合いそう。
また、釣り物の魚で考えると、刺身より、カルパッチョやムニエルかな。
乾き物もいいなあ。
ビーフジャーキーやスモークチーズなど。
ちょっと小寒くなった秋の休日の昼下がりに、乾き物とこのワインで、本読んで、ギター弾いて、うたた寝したら、なんかそれで人生いいと思ってしまうかも・・・
しかし、ワイン文化も奥が深い。
人生や季節の局面局面に、ぴったりと合ったワインが存在しているようにも感じる。
俺は日本人なんだが・・・
サイゼの提案にやられました。

Photo

« sweet memories | トップページ | シジミの差 »

食べ物 飲み物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/58220849

この記事へのトラックバック一覧です: ランブルスコロッソセッコ:

« sweet memories | トップページ | シジミの差 »