« 道の駅新商売 | トップページ | 10・6総括 »

2013年10月10日 (木)

吉田類の酒場放浪記

この番組は見てしまうんだ。
よく考えると、おじさんが居酒屋に行って、お酒を飲んで、店自慢の肴を食べ、お客さんと話し、酔っ払って、俳句をひねり、後ろ手で酒場を去るというだけの番組なんだが、実におもしろい!ファンが多いのもうなずける。

常連さんの、店でのまったり感にするっとなじむところに、この方のお人柄がにじむ。
常連さんに店の魅力を聞き出しつつ、自らも店主お勧めのものを戴き、舌鼓を打つ。
最初は生ビールから初め、日本酒に行く。結構オーソドックスで、焼き鳥や、ほやなどの珍味など、もうべらぼうにおいしそう・・・また、においや雰囲気まで伝わってきそう。
店の歴史や常連さんが取り付かれた味や魅力が聞き出され、時には同じテーブルに上がりこんでしまう。
名物の料理のプロセスの一端もカメラに収められ、もう含蓄があるなあ。こんなあて、食べてみたいと思わせるものばかりだ。
やっぱり、地域に、安くておいしい酒場はほしいなあ。
繁華街だけでなく、駅の近くにある地元の人御用達の店、これが実にいいなあ。
主に東京なんだろうが、この、駅周辺のおいしい居酒屋、これが最もこの都市の魅力的な部分だと思う。
俺なら、太郎か・・・
吉田さんがきたら、何お勧めしようかな?
どてと辛い手羽先は必須。
豆腐ミンチにあとは、ここのソーメンも食べてほしいかなあ。

« 道の駅新商売 | トップページ | 10・6総括 »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/58122329

この記事へのトラックバック一覧です: 吉田類の酒場放浪記:

« 道の駅新商売 | トップページ | 10・6総括 »