« 2013秋ライブ告知 | トップページ | 夢幻花 »

2013年9月22日 (日)

こなもんの分量

キャベツと卵と豚肉があったら、お好み焼きを作ろうと思って不思議ではない。
しかし、以外に分量が把握できない。
問題はキャベツの量だ。

最初粉と水、半々ぐらいで作るんだが、キャベツの量によって余ったり足りなかったりする。そこに適当に粉や水を足してしまうんで、結構狂ってしまう。
粉が足りないと、どこまでも生地が拡散してしまうし、入れすぎは粉くさい食感になる。
やはり、最適な按配は完成系の見た目から判断すべきなんだと思う。
こう見えるから、ちょうどいいほずだ、という事象の把握が必要なのだ。これは経験積むしかない部分だ。
レシピとは、経験によりつかんだ法則の分解的標記だ。帰納の再標記というべきかな?
何分でひっくり返すのかも、鉄板や火加減によるので、見ながら決めればいいのだ。
失敗を修正しながらの料理は、実は楽しい。
現実に、完全にレシピどおりの料理はできない。
油引きすぎたと思えば、クッキングシートに吸わせればいいし、そのシートを2枚目以降油引きに使えばいい。
・・・・・・・・・・・
最初の、小麦粉がだいぶ少なかった生地のお好み焼きは、もんじゃ焼きかと思うくらい拡散してしまったが、味はけっこううまい!
しかし、かえしがあまりにやりにくく、ばらばらになってしまう、粉を足したら、今度はけっこう粉くさかった。
結局、作りやすく、粉臭を少なくする理想的配合があるのだと思う。しかし、数字では語れない。料理が始まってしまったら、臨機応変でやるしかないのだ・・・

このしゃびしゃび生地のお好み焼きはいい!昆布の粉とカレー粉も少し入れてみたが、いい感じだ。
今度は小麦粉をバイオレットぐらいの薄力粉にしてみようかな。多少小麦粉が多くなってもさらっとしてないだろうか・・・

« 2013秋ライブ告知 | トップページ | 夢幻花 »

食べ物 飲み物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/58091522

この記事へのトラックバック一覧です: こなもんの分量:

« 2013秋ライブ告知 | トップページ | 夢幻花 »