« 鮎釣りにおける勇気論 | トップページ | 弁当を忘れる »

2013年8月14日 (水)

スポーツデポ

モンベルがドームイオンから撤退した後、砂田橋のスポーツデポがメインのスポーツ、アウトドアグッズ購入場所になった。
アルペン時代のスキー特化作戦から、多様なニーズに対応する作戦に切り替え、ノウハウが蓄積してきたのかな。

各メーカーの信用度も上がってきたようだ。
様々なメーカーのウェアやグッズがあるので、結構較べられる。
PBのIGNIOやSouthfieldも値段の割りにまあまあの品質なので、消耗品の類はいいんじゃないかと思う。
最近自分の身の回りを、ふと見渡すと、ほとんど、スポーツデポで買ったものばかりじゃないか!
どうもネットは信用ならないところがあるんだよねえ。そういう年齢、育ちなんだ。
東スポセンからの帰りにふらっと寄れるところがまたいいんだなあ。
あまりデザインのことは意識しないのだが、、結構、その商品の機能の選択に自分の主張があると気がついた。
なぜか、Addidasが多いんだ。気がつかなかった。
シューズはAddidasかNewbalanceがいい。
でも、それは普段使い。
バレーボールシューズはAsics。野球のスパイクは美津濃。自転車用ビンディングシューズはSimano。渓流用ウェーディングシューズはMonBell。最近はSimanoの鮎足袋を使うことが多い。
レインウェア、チノパン、シャツはMonBellが多いなあ。
最近、ここでcannondaleの自転車用ポロシャツを買った。こいつは使い勝手がいい。後ろポケット、袖口ポケットがある。
水泳グッズもここでそろえた。
最初はignioだったが、経年劣化したので、arenaに切り替えた。ちょっと値が張ったが、もちがよく、風合い、こなれ感がいい。
パンツ、キャップ、ゴーグル、タオル、収納バッグ。
トップのアスリート仕様はさすがでお高いが、汎用品のトップでも機能の上で不満は無い。
俺は別にブランド志向はないが、老舗で、長く存続しているメーカーは信用できる感はあるなあ。
Addidas、MonBell、Simano。
・・・・・・・・
最近、某衣料量販店や某居酒屋チェーンはブラック企業であるとのうわさが絶えない。為替レートの違いを利用した、労賃のカットによる激安価格には疑問符をつけざるを得ない。
・・・・・・・・
これらの大手メーカーも同じことをしているとは思うが、まだましなんじゃないかなあ。
あまりにひどい搾取や収奪はないと信じたいが・・・
「世界の工場」の様々な矛盾が噴出し始めている今、次なる工場はミャンマーあたりを狙っているのか?
各メーカー、特に大手さんについては、フェアトレードをお願いしたい。
やっぱり、公正でかつ、知恵と工夫と情熱が詰まった製品を使いたいね。

« 鮎釣りにおける勇気論 | トップページ | 弁当を忘れる »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/57958990

この記事へのトラックバック一覧です: スポーツデポ:

« 鮎釣りにおける勇気論 | トップページ | 弁当を忘れる »