« 真夏の方程式 | トップページ | 弁当がはぜ天 »

2013年8月27日 (火)

夏の名残のシジミとハゼ

天気が順調ならば、イベントの予備日は、フリーになってしまう。
こういう日程に何かを入れるということはしづらいが、予約も時間の制約もない釣りなら、思い立ってすぐいけるし、中止なら中止でもいいんじゃない?ということで、守山平和まつりも順調に執行でき、その予備日に、はぜ釣りに行ってきましたよ。

メンバーはAOちゃんと姪っ子のS子ちゃん。
以前マテ貝、ハマグリ狙いで、ちょっと成果が出なかったので、ここはひそかに雪辱を期す。中潮で2時半ど干潮。上げ三分までなら釣りになる。
で、11時ごろ小雨を突いて出発したが、現地は結構な雨。
員弁川河口。
こういうときは橋の下。
日の出橋の下に入る。
満潮になると沈むコンクリートのたたきの上で釣り始めるが、よくすべる。雨も横殴りになり、カッパを着ながらの釣りだったが、みんな結構根性あるなあ。チョイ投げ仕掛けを黙々と投げ、いろいろ場所を探っている。

130825_183355

流れがきついところは、さすがに出ないが、橋脚のえぐれの奥にはいる感じだった。後は石周りの流れのちょっと弛んだところ。
入れ掛りとは行かないが、ポツリポツリとかかる。
型は、新子が伸びた感じで食べごろだ。
S子ちゃんもコンスタントに釣っている。いいぞ。当初は餌のイシゴカイにさわるのをためらっていたが、慣れてきたら自分で引きちぎり、針につけれるようになってきた。やるなあ。
なんだかんだと結構釣れた。

けっこうおおきいのも。

130825_183234

雨もやみはじめ、コンディションがよくなってきたぞ。
ここは、久しぶりのシジミ掘りだ。今年のコンディションはどうかなあ?
場所を河口付近に移動する。
ちょっとした中州にあがり、一かきすると・・・お!おるぞ。型はばらばらだが、数は出る。大きなものも混じる。
こりゃあいい。今年は、まだ随分残っている。
酸欠、大水など、一気に死滅したり、流されることはあるが、この分なら今年はもう少し楽しめそうだ。
小一時間も掘ったら結構いっぱいになった。
地元の人も掘っている。なんか夕飯の汁物のためという感じの生活感あふれる取り方だなあ。
その後、2箇所ほど回ったが、はかばかしい成果は上がらなかった.。
でも。大きなスズキのもじりを見た。こんなのがいるんだなあ。
また、セイゴやぼらがぼんぼんはねて、水面も小魚がきらきら反転し、沸き立っていた。
こんな状態はあまり見たことがない。活性は高かったが、餌には反応してこなかったなあ。
久しぶりの雨で、水が甘くなり、気がふれたか・・・
引き続き9月は、シジミ、ハゼが絶好調だろうなあ。後はクロダイか・・・どうだろうね。かめじゃこが手に入れば・・・
AOちゃんがハゼのてんぷらとシジミのみそ汁つくりに挑戦し、どちらもうまくいって、おいしかったようだ。

Dsc_0444

これは取ってきた者の特権だね。
価格をつけることはできない贅沢だと思うね。
まだまだ楽しめそうなので、潮加減、天気を見てまたいきましょう!

« 真夏の方程式 | トップページ | 弁当がはぜ天 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございましたhappy01
楽しかったし、美味しかったし充実した1日でしたnote
また行きたいですpaper
Sちゃんが竿買ってくれっていうんだけど
いくらぐらいするものなのかなぁsign02

釣り道具はピンきりだからね。いいものは高いのですが、とりあえずこの間使った竿を君たちにプレゼントします。
俺が考えたハゼ初心者セットですが、いろいろ対応できるよ。
9月8日は、月初め新月の大潮です。
台風さえこなければ、シジミとハゼはほぼ確実です。
クロダイとスズキクラスも可能性があります。
いってみるか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/58070543

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の名残のシジミとハゼ:

« 真夏の方程式 | トップページ | 弁当がはぜ天 »