« アコースティックギターの文化 | トップページ | 夏の名残のシジミとハゼ »

2013年8月24日 (土)

真夏の方程式

TVシリーズになっているガリレオシリーズの劇場版というべき映画。見てきた。
真夏の方程式。言わずと知れた東野圭吾氏シリーズもの。

最近は、TVドラマからのリメイクで、独立したストーリーが多い。こりゃ作戦だなあ。人気シリーズの映画化なら、ある程度の興行収入は見込めるし、それこそ、どうとでもふくらませることができる。
自分はTVドラマにもあまり興味が無く、なんとなく運転手的についていったのだが、見て驚いた。
上出来だ!
キャラクターもいいし、伏線の張り方も見事!
川畑家の人々の善悪をない交ぜにした造形と、秘密を飲み込んだまま静かに死んでいこうとする仙波氏。うーん、皆芸達者だと思う。
福山雅治氏もキャラクターに非常に合っている。
湯川学役は、もう余人をもって変えがたしと言う風だなあ。
ストーリーもネタばれはいかんので、言いづらいが、紙の鍋が燃えない仕組みを緑風荘の甥っ子に説明した後、ぬらしたコースターを燃やそうとする実験を拒否した湯川。
開発計画反対運動にのめりこむヒロインの「すべてを知った上で判断しろ。」の言葉が最後に生きてくる説得性。などなど。
すべてのカットに伏線がはられ、無駄がない緊密さを感じた。
ヒーローを大集合させたり、kaijuuやテロリストなどの仮想敵を作ったり、夢はかなうというある種の虚構を振りまく、某国製映画より段違いにいい。大がかりな特撮やCGはあっても、緊密なストーリーとカメラワーク、演技が無ければ心は動かない。
このTV局がプロデュースする映画、かなり経験を積んだと思う。
しかし、言おう。
この映画が殺人事件である必要はないな。
大元がゆるいと感じる。
人を殺すことは、飛躍がある。非論理な激情だけではなく、狂気をもっとはらまざるを得ない。嘘が嘘を呼んで、ぬきさしならなくなることはよくある。ごまかそうとしてもそれは無理だ。
しかし、犯罪には飛躍があるし、逆に某国のサイコ的犯罪者の方が、存在の説得性があるし、登場人物の善良な人々が、弾みで行ってしまった犯罪行為を糊塗することにリアリティを感じない。
また、犯罪行為の根拠の社会性に言及せざるを得ない。被害者がなぜあのような金の亡者、嫉妬に狂ったのか理解できない。
貧困と犯罪の関係、痴情のもつれの見え方が足りなく感じた。
ヒロインの秘密は、もっと深く突っ込むべきだし、崇高で無償な愛の持ち主の父親たちの行為が、こんなにも愚かで低空飛行することは無いと思うぞ。
犯罪は、貧困や権力からの抑圧、戦争が大きくかかわるのだ。現代はゲーム的、サイコ的殺人時代なら、理系の教授の謎解きの時代ではないとなる。生まれたての赤ん坊は殺人鬼ではないだろう。犯罪は社会が生み出すのだ。
このシリーズでは、単なる謎解き、エンターテインメントではもはや済まないテーマを選択してしまったかにも見える。
湯川準教授には、もっと巨悪に挑んでほしかったなあ。
湯川準教授が緑風荘の甥っ子と一緒にやった、200m先の海の中を見るための携帯電話を積んだペットボトルロケットを飛ばす実証実験、まだ足りないと思う。
水漏れ、画面の角度、糸切れ、材料不足等々。心配事は山ほどある。1日の飛行実験ではそううまくいかないよ。
簡単に成功してしまった実験、皮肉にも、これがこの事件の描き方の象徴のようにも思う・・・

« アコースティックギターの文化 | トップページ | 夏の名残のシジミとハゼ »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/58004318

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の方程式:

« アコースティックギターの文化 | トップページ | 夏の名残のシジミとハゼ »