« よしなしごと | トップページ | 鮎はこれから »

2013年7月31日 (水)

釣り神様は突然に

久しぶりの休日、ここは釣りかなあということで、鮎にいくか、はぜにいくか悩んだ末、太郎会にもって行くとすると、はぜ天かなと思い、いつもの員弁、立田大橋下に行くことにした。
中潮、干潮2時45分、午後から夕方にかけて上げてくるという釣りに向いている潮。
昼過ぎにゆっくり出かける。

下げ八分ぐらいで員弁川の河口に到着。ここは潮が引くとポイントが離れてくるので、ちょい投げで探る。
あたりは頻繁にある。型は、新子がちょっと伸びた感じで、11~12cmがアベレージで、結構ぴりぴりと引いておもしろい。
小セイゴも混じる。
こいつは以外にもっさりしたあたりだな。こんな風だったかな?
40も釣っただろうか。大水が出なければ、今年はしばらく楽しめそうだなあ。
大潮周りのシジミとり。上げてきたら、はぜ。これは自分のスケジュールと潮周りの合致があれば、選択肢の一つである。
太郎ではぜ天にしてもらったが、最高だなあ。
はぜが白身の最高峰と思うのもあながち大げさではない。

Photo

さて。
ゆ虫を使った大物狙いも今年のテーマだ!やるよ。
立田大橋下に移動。
2本名古屋天秤とゆ虫を置き竿にして、クロダイ狙い。
もう一本、ちょい投げで探る。
丸セイゴ7号と青イソメで探ったが、ハゼがやはりあたる。しかし、員弁河口より型は小さい。やはり河口の方が餌が豊富なんだろうか。
入った付近は、かなり藻が生えている。高圧電線の真下あたり。
隣の人が25cmくらいのセイゴをかけるが、藻に邪魔されて、魚が外れてしまう。
ゆ虫には反応は無い。
この釣りは、やはり秋口がメインなのかな?
7時を回り、ゴールデンタイムだが、太郎会に参加のためもう上がろうかなあ・・・
そこへ、地元の人と思しきおじさんが登場。
「つれたかね。」
「いやあ、ゆ虫で大物狙ってますがきませんねえ。」
「やっぱり秋じゃないかね。」
としばらく立ち話。
話しているうち、この方のとてつもない実績が明らかになってきた。
昨年、30枚のクロダイを釣り、最大63cmの大物をあげたとのこと・・・
これはと思い、いろいろと聞き出すと、観察力が鋭く、実に合理的な釣りスタイルと語り口・・・俺の渓流釣りの師匠Mさんを彷彿とさせた。
釣り神様が突然降臨してきた気がした。
いろいろ思い出してきた・・・
親父の49日で毎週田舎に帰らざるを得なくなり、退屈しのぎに遺品を使った鮎釣りをしていたのだが、どこからともなく現れて、俺に鮎釣りのいろはを教えてくれたおじいさんがいた。
また、いつぞや学童っ子をマテ貝ほりに連れて行ったところ、大漁をもたらすべく突然指導してくれた人もいた。
やっぱり、天使はおっさんの姿をしているんだ。天使たちには久しくお会いしていなかったが、やっぱりまちがいない!いた!
更に言えば、分野は違うが、俺には永遠のブルースボーイ、B.B,kingが天使にしか見えない。
やっぱり天使はおっさんだ!
・・・・・
今降臨してきた釣り神様は、こうのたまう。
曰く、高圧電線の下はなぜか魚が釣れる。原因はわからないが漁師が口をそろえてそう言う。
曰く、このあたりのクロダイは居付きのもので、シジミを飽食している。マンガでかき回している貝掘りの後を付いてまわっているようにも見える。
曰く、孫針を使うと捕れる確率が上がる。クロダイ狙うならこのあたりはチヌ6号針、ハリス3号の仕掛けがよく、かめじゃこの餌でしっぽの方にも針を打つのがよろしい。
曰く、このあたりのクロダイの最大の居付き場は尾張大橋下流、桑名側。7月はまだ少し早い。
曰く、ゆ虫だったら投点30m以上がほしい。来るときは来る。
曰く、タモ入れは魚を追いかけるな。空気を飲ませて、頭の方にタモを向ければ自然に飛び込んでくる。
などなど。
実感した部分もあるし、ヘエーと思うこともあった。
高圧電線、シジミ飽食、居つきのクロダイは実感している。
かめじゃこ、孫針、尾張大橋下は目からうろこだったが、信憑性と説得力がある!
今は、かめじゃこは品薄だし、餌取りが多く、苦しい釣りになるかと思うが、トライする価値はある!
・・・・・・・
というわけで、さっそく、日曜日、行ってみました。
尾張大橋下左岸。

Photo_2

1号線を走り、橋を渡ったところで左折。
はじめの堤防の駆け上がれるところから、かわっぺりへ。
護岸されているが、広い。魚の気配もあるある。ポイントだらけだ。こりゃ雰囲気あるわ。でも、コンクリだらけで子どもは飽きてしまいそうなのでファミリー向けではないな。ぶっこみ釣りのおっさんばかりだ。でも広いので、込み合わないかも。
かめじゃこは無かったので、ボケを用意した。
ボケの孫針つきの3号ハリス。20号の名古屋天秤。
ゆ虫も併用。
ど干潮から上げ5分までの時間帯を投げ分けて狙う。
1本チョイ投げで様子見。ハゼはバンバン来る。ボケも餌取りの猛攻に合い、すぐなくなってしまう。こりゃ忙しい。
潮も大きく動き始め、なにやらざわつき始めるが、竿には変化は無い。

Photo_3

・・・・・・
結局大物は出なかったが、ここはいい!広いし、車横付けできる。
気配はほんとにある!かなり葦も生えているので、今だと夜釣りで、うなぎやセイゴだろうと思う。
やはりクロダイは9月10月からかなあ。
・・・・・・
実は1回、竿が動いたのだ。手尻がガクッとはねた。名古屋天秤を引きずるとは・・・クロダイが一瞬くわえたんだと思う。針がかりはしなかったが。

これは楽しみな釣り場ができた。いつか太郎に刺身の持ち込みやりたいね。
釣り神様に感謝。

« よしなしごと | トップページ | 鮎はこれから »

釣り」カテゴリの記事

コメント

天使がおっさんの姿ねぇ。
羽が見えたら笑える絵だね。
はぜ、ごちでしたdelicious

いやあ、地元の釣り師は親切な人が多いんですな。
問わず語りでいろいろ教えてくれます。おらが川、海で楽しんでという気持ちがあるんだろうね。
今、鮎の難しいけどいいところを発見しました。24日までにうまくいったら、まつりにもって行きます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/57902241

この記事へのトラックバック一覧です: 釣り神様は突然に:

« よしなしごと | トップページ | 鮎はこれから »