« ウェールズ、カナダ戦勝利 | トップページ | ribbon in the sky再考 »

2013年6月25日 (火)

名城大対淑徳大

名城大対淑徳大の練習試合を見に行ってきた。
天気にも恵まれ、芝のコンディションも上々。ほんとうらやましい限りである。これで下手では社会が許さないね。
試合のほうは38対38のドロー。

瀬戸西のNo8とフルバックが出ていて、takuとも対戦。なんか感無量だなあ。
プレイスタイルがそう変わるわけではないが、大学は個人的なそう目立ったプレイを許さないなあ。
しかし、O君のラインアウトのスローや、K君の切れるステップでのトライなど、らしさは出ていた。
名城の方は相当メンバーをシャッフルしたようで、ちょっとプレイの精度とコミュニケーションがぜんぜんできていなく、特にディフェンスに課題を残した。
フォワードがあれだけ押していて、スクラムも随分支配的だったのにもかかわらず、得点を取りきれない。
何か一皮剥け切れないなあ・・・
なんだろう?
takuの課題は、状況判断と瞬間的スピードを上げることだと思う。
オーバーやフォローにはよく入っているが、もっとボールをもらいにいく必要があるし、タックルをかわす、つぶすも必要だ。

1

 

2

3 

4_2 

5

6

7

8

9

10

11

12

« ウェールズ、カナダ戦勝利 | トップページ | ribbon in the sky再考 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/57660847

この記事へのトラックバック一覧です: 名城大対淑徳大:

« ウェールズ、カナダ戦勝利 | トップページ | ribbon in the sky再考 »