« アマゴの出るパターン | トップページ | MJ大ラグビーの練習試合を観戦 »

2013年6月 2日 (日)

塩焼きの提供

学童夏祭りにアマゴ、いわな、鮎の塩焼きの提供を始めて、随分たつなあ。
ここらで自分の中で、その意義と任務を再確認しよう。
当初は、師匠連の釣った魚をもらって、売るというアイディアだったのだ。

それこそ売るほど釣れる実力者ばかりだったので、1,2回随行するだけで、あっという間に数がそろった。
師匠連も学童父母OBなので、俺の思いつきをかなり押してくれ、当日の手伝いまで来てくれた。
子どもたちに、自分で釣った魚を定価で売られ、困惑していた顔が忘れられないね。
学童としても、
仕入れがただ。
大人の客寄せ。
子どもたちに魚の味を教える。
尾頭付きで、一見残酷だがおいしいと思う、人間の業を感じられる。
OBの寄り合い所。
といった観点から、必須の事業形態になったと思う。
実際、子どもたちが川魚の味を知るいい機会になっていると思うし、将来、自然保護や自然とのかかわりを考える観点からいってもいいことだと確信をしている。
ここがモチベーションになっているし、できる限り協力していきたい。
師匠連も定年退職後、この地を離れ、また、鬼籍に入られ、あの川の語り部は今は俺、ということになったのかもしれない・・・

Cimg5396

で、この間、俺はどう変化したのか?
「この日までに、これだけの数を釣れ。」というミッションを実行しようと思うと、完全に職漁師の釣になる。
それも、釣行できる日が限られているので、相当に釣るための行動パターンを確立しなければならない。
いまだ通暁せずだが、この場合はこう、あの場合はこうといったスタイルは随分出来てきたと思うし、「やった!」と思うより先に、なぜここでこう食ったかと分析することの方が先になった。釣るためなら、なんでもする。
餌、毛ばり、ルアー。最近は餌に分があるなあ。

Cimg5397

おれはこういう釣り人になりたかったのか?
答えは、そうだ・・・と言おう。
心は少年、腕はプロになりたいと思ったのだ。
腕を上げるということは、プレッシャーに耐え、今もっている知恵、技の限りを尽くし、結果を出すということに他ならない。
こういう気持ちになるんだなあ。楽しさの観点が変わったと思う。

Cimg5398

目標は30匹以上。技の洗練と、魚に口を使わせる仮説を常に考えている。
こんな風だが、先日の適合しなかったルアーの釣を見ていて、釣の楽しみ方の豊かさを改めて感じた。
ひとつでもかかれば、これはうれしかっただろうね。何とかかけてほしいと願っていたが・・・
時間の贅沢な使い方、スポーツ性など、もう一度こういう新鮮な気持ちになりたいと思ったね。ここからほんとに自分だけのあたりルアーがつかめるかもね。ロマンだなあ。
俺は、キャッチアンドリリース派の人と言い争う気持ちはない。
ただ、職漁師と書いたが、気持ちだけの問題であって、経費もいただいていないし、売上金はすべて学童運営費になっていることを付記しておく。
そういえば、自分じゃ食ってねえなあ。アマゴ、いわな、鮎。みんなに食べてもらいたいからねえ。でもいわなの骨酒だけはね・・・どうしても試したくなる。
また、串打ち3年、塩8年、焼きは一生、とはよく言ったもので、奥が深いし、難しいよ。でも塩焼きをおいしく食べてもらうには、必須の作業だ。
ここまできて、やっと完結する。
俺は郡上の釣り文化を受け継ぐものでいたいね。

 

« アマゴの出るパターン | トップページ | MJ大ラグビーの練習試合を観戦 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

何かフクザツな思いで読ませていただきました。
楽しく気分爽快に釣りしてほしいのに、申し訳ないなぁ(ノ_-。)
OBさんたちにいろいろ気にかけてもらい、とても有り難いのですがいつまでも甘えていてはいかんのだよね・・・関係者なんでこれぐらいにしとかないかんね(u_u。)
ちなみに私もまつり当日に焼魚食べたことない!
それぐらい大人気だもんね。お忙しいところ、お世話になりますm(_ _)m
よろしくお願いします。

fishいつもありがとう!
私もいつもありつけないんだ。
今年こそは晴れてお客さんとしてゲットしたい。
でもやっぱり一番子供に食べてほしいよねfish

ちょっと考えちゃうなぁ。。。
もう限界かもね
いろんなことが

ykcさん、全然負担感ないよ。この企画は、郡上釣りの精神的継承者を自負する、自分のキャリアとして大喜びしてます。
こんなことしてる人間は全国でも少数さ。複雑に思う必要もないです。
ここらでは、俺とAOさんしかできないんだから、やるさ!
そのうち、釣りの本でも書いて、当ててやろうかとも思ってます。
そのときは、モデル料として父母会に還付します。なんて妄想してます。

uazk2446さん、たべたってください。
釣った魚を食べてもらうまでが釣りだと思ってます。
これはほんとにうれしいんだよ。さらに、その対価に学童の力になれれば望外の喜びです。
皆さん、大変だと思いますが、子ども中心の地域のイベントには大きな存在価値があるし、子どもたちの大きな力につながっていくと思います。ぜひ、誇りと矜持を持って続けていただけるとうれしいなあ!

kuraraさん、学童の運営の困難さは、名古屋市の怠慢が原因です。
子育てのしづらさは、社会が母親に大きく負担をかけているのが原因だと思う。
うちの指導員が積んだキャリアは日本の財産だよ。もっと社会が評価すべきだと思うなあ。もったいない。
学童保育は社会に必要です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/57456498

この記事へのトラックバック一覧です: 塩焼きの提供:

« アマゴの出るパターン | トップページ | MJ大ラグビーの練習試合を観戦 »