« 塩焼きの提供 | トップページ | 水泳の効果 »

2013年6月 4日 (火)

MJ大ラグビーの練習試合を観戦

MJ大ラグビーの練習試合を観戦する。
NK大学との1年試合。
CK大学とのA戦,B戦。

1年試合は様子見とアップがメインだったと思うが、CK大とは力の差が随分あるなあ。

Imgp5453_2 

   

Imgp5501

 

個々に光る部分はあるのだが、率直に言って、スクラム、密集への寄り、タックル、パスの精度、ラインアウト等すべてにCK大の方が一枚上だ。
どうした?
大学生は、高校とは違って、自ら考えて目標を持ってトレーニングしていく必要がある。
当然将来のことや、自分のセンス、限界などを日々感じ、気が抜けてしまうということも当然あるだろう。
また、学業との両立や家庭の事情等、続けるに当たってプレイ以外の壁の高さもあるのもわかる。
だからこそ、寸暇を惜しんで取り組んでほしいのだ。
ラグビーができ、考える機会を与えられているのだから、もっとひたむきに取り組んでほしい。
将来、様々な仕事についていくと思うが、かなわないなあという相手に向かって、計画を立ててトレーニングし、結果を出していくという行為に関しては、仕事もラグビーもまったく一緒である。学ぶべきことはラグビーの中にあり、正面切って立ち向かうことこそもっと大事である。
素質やセンスでラグビーをやる年齢は、すぐ明ける。
必要なのは、このときはこうするというスキルを増やしながら、集中力、直観力、筋力、体力を鍛えるトレーニングだ。
その作ったスキルを、選手同士共有し、意図を持ったゲームを行ってほしい。
試合は、テストみたいなものだ。日々の取り組んでいる結果が如実に出る。
今回見ていて、一つ一つのプレイに意図を感じないし、ゲームプランと意思疎通の無さを感じた。
意図を持った積極的なミスはいい。機会があれば試せばいい。しかし、気が抜けたようなミスは原因を考えて、対応していかないと。
スクラムで、旋回されて、ボールを取られる失敗、意味を感じないパスとノックオンなど。相手のプレッシャーが強かったといえばそのとおりだが、肌で感じた強さを跳ね返す努力をしてほしい。
トレーニングしてるふり、かっこつけは必要ない。
一人ひとりはいいものを持っているし、まっすぐ取り組めば、必ず強くなると思う。
勝つために何をすべきか、考えることがもっとも大事だ。
Aリーグのライバルチームも必死に取り組んでいるはずだ。
「大学のラグビーは、まずディフェンス。タックルとスピード。」
「今の俺の課題は、怪我をしないようにフィジカルを鍛えあげること。」
2月目にして、レポートの数とフィジカルトレーニングでひーひーになっているラガーマンは、チーム内競争も激しく、試合に出れるとも知れない混迷の中、手探りで課題を見出し、何とか耐えている。
ぐだっている暇は無い。
瀬戸西高校も、19人の1年生が入ったとのこと。
後に続くものを考えれば、あだやおろそかにはできないはずだ。
むむ!
まあ、しっかりやれ。

« 塩焼きの提供 | トップページ | 水泳の効果 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/57525927

この記事へのトラックバック一覧です: MJ大ラグビーの練習試合を観戦:

« 塩焼きの提供 | トップページ | 水泳の効果 »