« うえだのゲソ丼 | トップページ | 圧力鍋で野菜スープ »

2013年3月24日 (日)

歌うこと

年が明けてから、アコギと歌の機会が増え、あまり意識のなかった歌うことの必要性を感じはじめた。

ゴスペルを習っている方からのサジェスチョンとGANちゃんの指摘を生かす必要があると自覚してきた。
ゴスペルは、確かに聴くものを感動させる力がある。
技術だけではなく、「神との交歓」がキーワードになっているということだ。
歌いながら感涙に咽ぶ人も多く、八百万の神の日本人にはちょっと引く部分もあると思う。
歌唱法はすごく参考になるが、本質的には、神の賛歌と宗教的体験を目的としているのかな。
うーん、歌とは何か?
がんよねのボーカルさんからの指摘は、具体的。
口とマイクの距離を一定に保つこと。
ギターを抱えて、ちょっと小技を効かせて歌おうとすると、その行為そのものがてきめんに難しくなるね。
後は、どう身体で歌えるか。
人前でやる以上は、もう少し研究しなければならないだろう。
人の心を震わせるのは、やはり肉声だと思う。うまい下手はないが良い悪いはある。
うーん、歌ってなんだろう?
もうひとつ感じたのは、メロディをつむぐ場合、自らの声でメロディを構築する方法がある。
コード感やリズムは後から何とかなる。
作った歌詞を直接口ずさむことによるメロディ構築こそ、多様にできる可能性を秘めているのではないかな?
それを感じた。
グレイや絢香やAKBの進行でまったく違う、俺の声質にあった歌詞とメロディはできるのではないか?
実験してみよう!

« うえだのゲソ丼 | トップページ | 圧力鍋で野菜スープ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/56942763

この記事へのトラックバック一覧です: 歌うこと:

« うえだのゲソ丼 | トップページ | 圧力鍋で野菜スープ »