« かわしめんプレゼンツ | トップページ | 温水プールと日帰り温泉 »

2013年2月14日 (木)

具入り生みそタイプのみそ汁

最近、マルコメの具入り生みそタイプのみそ汁にはまっている。
今までのは、具が乾燥タイプで別袋だった。

カップに入っているものまであったよ。
具はわかめ、麩、乾燥豆腐などだったが、アサリやしじみまででてきたぞ!
カップ物では貝がら付きのものまである。
でも、別袋タイプはなんか面倒くさいんだなあ。
ごみが増えるし、カップヌードルなんかでもそのままお湯を入れるだけのタイプの奴の方を、俺は選ぶ。
その点、このマルコメの具入り生みそタイプのみそ汁は、マヨネーズやしょうゆの小袋のようなビニールのパックにぴったりと入った味噌だけが見えていて、具がどこにあるんだろうかという感じだが、お湯を注ぐと、もこもこっと具がでてくる印象だ。
で、具があさりとしじみ。
なんか貝が出て来るんだよ。不思議な感じだ。
弁当持参の際は、マグカップにこの味噌を入れてお湯を注ぐと、おお!以外にしっかりしたみそ汁だぞ!

Cimg5366

コンビニ弁当やおにぎりだけのときもみそ汁があると、そこはかとない充実感がでる。特に冬だとあったまるわ。
ピアゴで買うと8食入りパックで98円!1食12.5円の計算だ。
うーん、このコストパフォーマンスはどうしたことか・・・
で、食後に1杯20円のバリスタコーヒーを飲む。
普通の日はこれで文句ないよ。
長野県に本社を持つマルコメ(株)。
味噌消費量全国1位は愛知県だと信じていたが、実は長野県らしい。
そうかも。俺も関東育ちなので、みそ汁といえば信州味噌だった。
いやあ、マルコメさんは信州味噌文化のフラグシップメーカーだが、こういったデフレ的ニーズにもお答えしていただいて、なんかやるなあ。
小坊主をイメージキャラにした広報戦略や職場向き椀ショットの開発など、実験的なメーカーだなあ。
でも基本は味噌文化に対する使命感や誇りがこういったものを展開させるのかなと思う。それだけ栄養価の高い食品なんだろうね。
ナカモの「つけてみそかけてみそ」も好きなんだが。

« かわしめんプレゼンツ | トップページ | 温水プールと日帰り温泉 »

食べ物 飲み物」カテゴリの記事

コメント

そうそう。私もこの「しじみ」ってやつを食べたときはカルチャーショックを覚えました。

インスタントみそ汁というと、永谷園がメジャーと思っていましたが、ほ~ぅ、マルコメさんのも美味しいのですね( ..)φメモメモ
大~昔の「マルコメちゃん」のCM、可愛かったですよネ^^
ナカモ味噌の工場は町内にありま~す^^小学生はみんな味噌工場見学に行き、「つけて味噌」をお土産にいただいてきます^^

sinoさん、そうなんです。けっこうすごい技術が詰まっていると思いますよ。
しじみとあさり、味が違いますね。

きよっちさん、男の子を丸刈りにすることをマルコメちゃんにするといってませんでしたか?それぐらいのアイコンでしたね。
貝のインスタント味噌汁がすごいですね!もう弁当革命ですよ。
ありゃ、ナカモさんのお近くでしたか!
俺、好きなのは、ケチャップの代わりにこの味噌をつかったオムライスです。
和風の具があいますね。

ちょっと高いけどアマノフーズのフリーズドライみそ汁もいいよ。
豚汁、なめこ、なす、豆腐バリエーション豊富!
乾燥して軽いのに、お湯を注ぐと生っぽい具が浮いてくるから不思議。
ピアゴでばら売りしてて1個100円前後よ。

おお!なめこ!どうなんだろうね。ぬるっとするかなあ?
100円かあ。今度試してみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/56765550

この記事へのトラックバック一覧です: 具入り生みそタイプのみそ汁:

« かわしめんプレゼンツ | トップページ | 温水プールと日帰り温泉 »