« アコユニットでやるよ! | トップページ | 久しぶりの瀬戸西ラグビー部応援 »

2013年2月 8日 (金)

PCの研修講師

久しぶりにPCの研修講師をしたが、研修後のアンケートをを見るとそれなりに評価されたようだ。ちょっとうれしい。

PCの研修は特有の難しさがある。
初級の講義だと「こんなこと知ってらあ。」と、ちょっと詳しい奴がだれてくるし、中級クラスの講義になると、「わからない・・・」と脱落するものが続出し、結局、満足する奴が一人もいないという現象が起こる。
さあて、ここをどう突破するか?
5つの戦略を考えた。
ひとつは、事前アンケートで、疑問点、困っていることを教えてもらい、それに回答する形で、講義を進めるという作戦だ。
こうすれば、自分の出した質問にだけは集中できるので、少なくともひとつは身につけれるのではないか?
もうひとつは、一般論ではなく、仕事密着型のワークシートの使い方に時間を集中することだ。
生徒諸君の仕事を分析すると、データベースの作成、それにともなう送付書などの帳票類の作成、統計データ処理が中心になることがわかってきた。だれも営業プレゼン資料作りに苦労しているというわけではない。グラフやピボットテーブルの使い方の質問もあったが、「必要ない。」と断定して、割愛してしまった。
仕事のまわしに限定し、関数、VBAの使用法に集中させる。見慣れた出納簿や発送簿を自動作成するプログラムを触ってもらい、効果を実感させること、ここに集中した。
もうひとつは、メモを取らせないこと。
メモをとると、そのことが目的化してしまい、感覚が沸いてこないのだ。
PCが苦手、という人は、操作を、このときはこうするといった、1対1対応で覚えようとしすぎている。はっきりいって、無駄だ。絶対忘れるし、応用が効かなくなる。
オフィス系のソフトは、やりたいコマンドを樹形図のようになったツールバーから探していく感覚が大事なんだ。さすがにスマホ族の若い生徒諸君はそういう感覚はあるのだが、すこし年配の、もしくは苦手と思っている人はなかなか発想を変えられない。
そのこと自体、悪いことではないし、インターフェース上、作成者側がこういった人に対するソフトをつくるべきなんだが、お互い固執しすぎることは、不幸の始まりだ。
メモは取るな、実際いじってみよう!を自分の作戦として今後も続けようかなと思う。
そして、小ネタの紹介。
これは便利!という機能がエクセルは満載で、知って得した!という感覚が出てくると、モチベーションがぐっとあがると考えた。
入力規則のリストの使い方、日本語入力のオンオフ、セルの書式のユーザー設定の単位表示、日本語入力の一般と地名人名の使い分け、Cntrl+C、Cntrl+Vのコピーアンドペーストのキー操作の効用、困った時の右クリックなどなど。
これが、結構目からうろこだったみたいだ・・・
自分たちがこれでいいと思っていたことが、まだまだ改善の余地があり、もっと研究すれば、すばやく、正確な仕事ができ、ピーク時の事務量をかなり削ることができるという実感をつかんだのではないだろうか?
そうであれば、目的は成就したといっていい。
最後に、精神性として、協業の重要さを強調した。
担当者が作ったデータは課、係単位で共有すべきである。そのためのLANの構築、ブックのリンク、共有化は必須である。
同じものを何度もつくったり、自分のためだけにワークシートを使うのは、組織の仕事ではないということだ。
大きなシステムやオンラインの構築は、100%人員を削ってくる。でも、俺に言わすと対費用効果は実はあまり感じられないのだ。
でも、こういったオフィス系による事務改善は、周囲と自分を最終的に救済してくれる。ひいては窓口の接遇においても、余裕を持てるようになるので、顧客にきめ細かい指示ができるようになるのだ。
このあたり、理解してもらえただろうか・・・
結局、技術的なことを教えようとしても、考え方の表明になってしまうんだなあ。
まあ、みんな仲間だし、知恵を出し合い、研究して、これからいいものをつくっていきましょう!

« アコユニットでやるよ! | トップページ | 久しぶりの瀬戸西ラグビー部応援 »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

ほほう、素晴らしい研修。独り占めはもったいないし、組織で維持・活用してナンボだから共有化研修はいいよね。目からうろこのコマンドは、受講者が得した気分になるから受講者心理を上手くくすぐった感じ。これなら置いてけ堀、居眠りも防げる。 研修の準備が大変だったと思うけど、幅広く何度も開催し、既受講者の再受講も認めると理解が増すと思う。

メモを取らずに感覚で覚える感覚…。
大事ですよね。パソコンに詳しい人間はやっぱりパソコンが好きですし、
向き合ってる時間が長いですね。
ボクは先日、出先から職場に「長久手市の郵便番号を調べてくれ!」と携帯電話で依頼したのですが、その後職場では「あの人はスマホを全く活かし切ってない…。」との話題で持ちきりだったようです(^_^;)

sinoさん、準備はたいへんでしたね。内容の5倍は作っておかないとだめなんだ・・・と思いましたね。
協業、リンク、共有化の効果は抜群ですね。今、大山の仕事目前で育児休業者が出ました。なんてことないさ。やってみせる!安心して子育てしてくれ!
この研修仲間から課や職域を越えた研究グループができないかなと夢想しています。
みんな、仕事が細かくなりすぎて困っているようです。地域団体も一緒です。
つくってみるさ!

ojさん、すごいなあ。
JPさんの立派な検索ホームがあるじゃないですか!いつもお世話になってますよ。データだけCSV形式にしてぶっこぬいて、封筒印刷に使ってますよ。
最近、感覚や直感、ひらめきがなにをやるにも一番大事に思えてきました。人間たるゆえんかな。
さて、今日は11時からito君とスプラッシュでリハします。暇なら遊びに来てね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/56723499

この記事へのトラックバック一覧です: PCの研修講師:

« アコユニットでやるよ! | トップページ | 久しぶりの瀬戸西ラグビー部応援 »