« ぶり大根と豚バラ角煮 | トップページ | 久し振りにラグビーを見る。 »

2013年1月16日 (水)

なか卯を考えてみた

なか卯を考えてみた。
牛丼屋は吉野家、すき家、松屋、なか卯。こんなところか・・・
月に2回ぐらいいく。

牛丼並盛で290円。ミニサイズだと250円。

牛丼も和風牛丼といって、他店とちょっと違う。白滝と椎茸が見える。おれはありだと思う。

たぬきうどんが250円。ミニサイズだと140円。
牛丼ミニとたぬきうどんミニで計390円だよ。結構これで充分!

これはコストパフォーマンスすごいなあと思ったけれど、こればっかりでは飽きてしまう。
メニューがどんどん増えていく。
当初は、牛丼とカレーとうどんぐらいだったが、親子丼ができ、カツ丼ができ、朝食ができ、鶏のから揚げまでできてきた。
うどんも、かき揚げ、きつね、坦々うどん、鶏塩、柚子胡椒、肉うどんと、季節でもどんどん変わるし、新規メニューもすごく多い。
他に豚汁、みそ汁、卵、サラダ、漬物もある。
もう、券売機で何食べるか迷ってしまう人が増えて、メニューをかねるボタンまでできている始末だ。
もはや、牛、豚、鶏の三大お肉があるし、ちょっと牛丼屋の範疇を超え始めているんじゃあないか。

もうひとつの柱が、ミニ化である。ミニカツ丼やミニ親子丼、ミニきつねうどんやミニ鶏塩うどんなんてのもある。
ダウンサイジングして100円ほど安くする。やはりなんか組み合わせたくなるんだよなあ。カレーとサラダとか、カツ丼にみそ汁とか、肉うどんに卵、ライスとかね。
ミニサイズはそういう時便利だが、結局いろいろ食べてワンコインは越えてしまう。なか卯、やるなあ。
今日見かけたのは、ミニカツカレー。390円。
これに野菜サラダ110円で500円。これも選択肢としてあり。
もはやチェーン店でも生き延びた店は、ここまで変化と進化を遂げている。
回転率も早いし、客は途切れない。
老舗の喫茶店が撤退し、C’Zもやめ、笹善も店じまい。カレーつけ麺の誠もやめた風だ。
他にもやばそうな店はある。
6階の新規参入のカフェ、この激烈な過当競争をどう生き延びる戦略なんだろうか・・・
俺たちを含め、可処分所得が減り、みんな昼食の節約モードに入っているように思う。まずは一番に節約しようとするのが昼食かなあ。
コンビニ弁当、パン、おにぎり、残り物持参などに大きくシフトしているように思う。
生き延びている店は、メニューのグレードを下げて安くとか、クーポン券を使った割引とかでなんとか対応していると思う。
うーん、この昼食争奪戦、どこに向かうんだろうか・・

« ぶり大根と豚バラ角煮 | トップページ | 久し振りにラグビーを見る。 »

食べ物 飲み物」カテゴリの記事

コメント

なか卯はめったに行かないけれど、ないと困るお店かも。吉野家松屋は要らない。やはり、メニューに進化を感じますね。

誠はやめたのですか?
つけ麺ブームもそろそろ陰りかな
なか卯はメニューはいいけどお茶が残念じゃないですか?

sinoさん、ときどき行きたくなりますね。なにしろ早いので。
うどんが結構おいしい。
でも、原価は低いんだろうなあ。牛丼周辺で儲けているね。

ojさん、最近備え付けのピッチャーは氷水だね。
ここもカットしてきたな。
また、カツどんの三つ葉もなくした。牛丼のシイタケ率が低くなった。
もう、隙間だらけですが涙ぐましいなあと思う。
誠は撤退です。早かった。
徳島らーめんの店ができたそうです。評判は・・・なので、どうなるかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/56519292

この記事へのトラックバック一覧です: なか卯を考えてみた:

« ぶり大根と豚バラ角煮 | トップページ | 久し振りにラグビーを見る。 »