« アームチェアフィッシャーマン | トップページ | 日本人はデフレに強いのか? »

2013年1月23日 (水)

J.I.Bライブ報告&アコースティックナイト告知

久しぶりにjack in the boxのライブを見る。
MUJICA。社会人コピーバンド、ラガーの日ということで、キリンラガービール割安で飲める企画ものだった。

急遽でた、という感じもあったが、もう場数を踏んでいるので安定しているなあ。
演目は80年代90年代のJPOP系のロック色の強いものという感じで、Tボランとかワンズとかやっていた。tetuはあまり知らないと思うが、すっと出来ちゃうからなかなかだ。
B'ZのコピーバンドのPRIZEの主宰のYさんから、ベーシストの紹介を、という話があって、tetuを紹介してからもう3年くらいになるのかな・・・ライブがはねたあと、その話を持ってきたITさんとしみじみ飲んでしまった。人の縁は不思議だ。
俺が学童保育の守山区連協の役員でなければ、ITさんと知り合えなかったし、ITさんの中学の同級生のYさんと自分の子どもがバンドを組んで、なじんでいる様子が奇蹟のように思える・・・

Imgp1049

この間、スーパーフライのコピーをやったり、女性ボーカルを随分フューチャーして、少し違うニュアンスが身についてきて、一層演奏力が増したと思う。
で、今回は、新しい男性ボーカルと、言い方はへんですまんが、PRIZEの控えボーカルのタケちゃんがメインを分け合う。そして、コーラスの女性。最後に、2曲ベーシストが変わり、tetuがコーラス!
ええ?やつが?
挙動は不審だが、声はでている・・・
うーん、なんかやつも一皮むけたなあ。
それから、特筆すべきは、タケちゃんが、ギター、MC、つかみ、声、格段に進化していること!

Imgp1051

当初から見ていたが、いじられキャラで、突っ込まれたり、脱がされたり、けっこうきついところを担当させられていたが、かっこつけていないところや、音楽に対する忠誠心や性格のよさが随分伝わってきた。
当初の自信なさげな所作から、今回は風格まで感じたね。
「おまうぇら!のってるかあ!」
と返しのスピーカーに足を乗せ、客を挑発したあと、バックの皆にどうしたんだ?と突っ込まれて「ここのネジがとんだ・・」と、頭をゆびさし、ステージを探す振りするなんて芸は、たけちゃんならではで、いいよ。

Imgp1054

Yさんも、B'Zのコピーから少し違う道を模索し始めているんだろうね。
PRIZEで身についてきた、技術やスピリットがこのjack in the boxで生かされ始めたと感じる。
Yさん、ドラムのtomoさん、ベースのtetu、そして、たけちゃんのメンバーを基本に、すこし幅を広げたJPOPを展開する方向でいいんじゃないかな。曲はコピーであっても、相当なオリジナリティがある。
tokuzoのバレーボールズも感じたんだが、ブルースやファンクのコピーを通じ、演奏力を高め、それがバンドのオリジナリティになっている。ここができてこないと、次のステップにはいけないなあ。
tetuは年季の入ったいいバンドでもまれて、確実にステップアップしている。ありがたいなあ。
親としても、ギタリストとしても素直にうれしい。
さて、おれは?
2/10(日)メモリーレーンにて、アコースティックのライブイベントでギター弾きます。
今回はIto君のカホンといっしょに。
陰影、強弱、食いとタメ、ベント。丁寧にいこう!
俺としては、バンドとアコギと、ちょっと追求したいなあ。

« アームチェアフィッシャーマン | トップページ | 日本人はデフレに強いのか? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

スポットライトがいい感じですね。
テクニックや自信の裏付けがあると余計映えますよね。
いやあ、楽しそうだなぁ

この水準になるのはたいへんですよ。
自分でやってもいるので、よくわかります。
ライブハウスに人を呼べるには相当かかります。葛藤があるし、自分の力の限界を知ることにもなりますが、なんとかね、くらいついていきたいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/56594095

この記事へのトラックバック一覧です: J.I.Bライブ報告&アコースティックナイト告知:

« アームチェアフィッシャーマン | トップページ | 日本人はデフレに強いのか? »