« 昭和区ラテン化計画の会in鈴松 | トップページ | お年始 »

2012年12月30日 (日)

豚の角煮

さて、圧力鍋を使って豚の角煮を作ってみよう。
バラ肉だと脂の始末がなかなか面倒なので、肩ロースを1kgほど買ってきた。

ピアゴで豚肉の塊、ワゴンセールで山積みだった。

Cimg0858

この時期作ってみたくなるんだね。年末年始、日持ちもするし、ご馳走だし、失敗してもらーめんの具にすればいいし、何かと幅広いのかな。
ひたひたの水に、しょうがを一欠片。

Cimg0859

かっちりふたをして強火にかける。
程なくしゅんしゅん音を立てながら、圧力調整錘がくるくるまわりだす。
ここで弱火にして、30分ほど待つ。
そして、火を落とし、自然に減圧するのを待つ.。

Cimg0860

この間、大根をむいて、ゆで卵を作っておく。
ふたをあけてみた。おお、いい感じ。
さめるのを待ったり、固まった脂を処理したりするのは変わらないが、やっぱり早いなあ。30分でこのやわらかさは圧力鍋ならではだ。
ここで小さく切り分けて、2センチほどの厚みにきった大根と、ゆで卵を投入。
味付けは、黒糖大さじ5杯、しょうゆ5杯、酒少々。以上。

Cimg0861

で、今度は20分加圧調理。
減圧を待って、あけてみると・・・

Cimg0862

見た目はいいな。味見をすると・・・うまい!角煮だ!ちょっと味が薄めだが、和辛子添えればいい感じになる。
大根もいい具合だ。

Cimg0864

明日帰省の際もって行こう。
しかし、これは簡単だわ。
豚の角煮は自分の中では一番のご馳走なんだなあ。
蘇東坡が好んだとされる東坡肉。これは皮付きばら肉を使うらしいんだが、角煮のほろほろっと崩れる肉の繊維と食感がいいんだなあ。電子レンジで作ってみたこともあるが、この鍋が一番かも・・・
手軽で早い。
これは目からうろこモンだ。研究しよう!

« 昭和区ラテン化計画の会in鈴松 | トップページ | お年始 »

食べ物 飲み物」カテゴリの記事

コメント

確かに美味しそうですね。
手間がかからず美味しくて、しかも栄養価が高くて値段も安いと来たらなんて優秀な食べ物なのでしょう。

圧力鍋、くせになりそう。はやいし、おいしくなるし。エネルギーもちょっとですむしね。
スープを取るにもよさそう・・・

スープを取るにもよざそう!
いいところに気付かれました。私の圧力鍋失敗談は、お肉の味が全部スープに出てしまい、お肉そのものがただの塊、もしくはコンビーフみたいになっちゃうことです。
牛のすね肉なんか、顕著です。加圧時間と放置時間のバランスなんですが、慣れてくるとこのあたりがいい加減になって失敗します。
骨まで食べたいお魚には、重宝します。
では、来年もよろしくお願いいたします。

sinoさん、トリガラスープかなあ。下ゆでしてあくをざっととってから加圧すれば、結構きれいなスープがとれそうな・・・
魚の煮込みは絶対いいと思うね。
なるほどね。加圧と放置のバランスね。想像することだなあ。基本放置長くていいと思う。
では、よいお年を。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/56429164

この記事へのトラックバック一覧です: 豚の角煮:

« 昭和区ラテン化計画の会in鈴松 | トップページ | お年始 »