« 週末ライブ | トップページ | 心想(しんしん)というお店 »

2012年11月 3日 (土)

余裕のまつり

今回は、去年の反省を踏まえ、問題点すべてに手を打ったステージだった。
雨はおり込み済みで、キャンセルが出るのもおり込み済みだ。

あの返しのスピーカーの位置はいいと思う。

Photo_5

中部楽器の生徒さんたちの演奏やスタッフ仕事は非常に好感が持てる。
ブラス系のジャジーな感じやポップスのアレンジは、こういった不特定多数相手のお祭りには向いているし、今年は機材がいい!だいぶ投資したな。総合音楽科の諸君がPAを担当していたが、雨の経験を含め、いい経験しているなあと思った。
音響はよかった。ステージ上もよく聞こえたんじゃあないかな。
ぜひ、この経験を生かしてほしいね。
隣のブースでは、クラフト科の子たちが自分たちの作品であるギターやバイオリンの試奏や説明を行っている。

Photo_6

去年、打ち上げで親しくなった子たちもたくさんいる。
「今年も、ブルーシーツ、楽しみです!」って言ってもらえて素直にうれしい。
みんな、汚れた作業着で夢中に説明している。彼らに心からエールを送りたい。
今回、キャンセルの空き時間、彼らの弾く、試し弾きもよく聞こえたよ。
なんだやっぱり、Eのブルースパターンは練習するんじゃン!そこからどうするかだが・・・
いっそのこと、ドタキャン用に、仕込んでおくべしと思ったね。
「君ら、時代はミャンマーだぞ!ミャンマーに楽器工場作れ!」
「えー!・・・・・」
おっさんは適当なねたをふるが、半分本気だ。こういう作業着を着て没頭できる子は、現場にどんどん行くべし!

写真は撮りまくったね。

Photo_9

Photo_8

とにかく数だ。ラグビー部ホーム管理人で学んだ。早速先生方に渡した。使ってもらえるとうれしいが・・

Photo_7

少し時間ができたので、初めてさまざまなブースを見る。
今まで持ち場から離れられなかったので、なにやっていたか実は知らなかったのだ。
ベトナムのフォーと鶴舞図書館の本リサイクルの会のブースにつかまった。
フォーとベトナム春巻きのセット。
フォーはつるつる。米粉はあり!香辛料が効いている。あまり辛くはない。
春巻きは肉がみっちり。
味のベースはニョクマムとパクチーかなあ。俺は好きだ。くせのものだね。
そして、図書館の本リサイクルの会。
「本20冊までもっていってください!」
えー!ほんとに!
ちょっと古めのミステリーが残っていた。
6冊ほどもらう。これ以上は運べないなあ。
全部冒頭立ち読み。きたきた。面白そう。
この企画はいいね。お金がかからない情報のフローだ。
といって、図書館がブックオフに行くのはありなのか。この問題は微妙だぜ。
やはり仲介させずに流通させることもありだ。

Cimg0842

といった感じで、区民まつりを、結構内から外から眺められた。企画を熟成させて考えれば、またよりいいものができそうな気がしたね。
K市長が公会堂で行われていた障害者団体のイベント出席のついでに、挨拶。
まあ・・・だった。子どもに名刺を配っていた・・・

« 週末ライブ | トップページ | 心想(しんしん)というお店 »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

最後の一行は「オチ」ですか?

こういう手作り感あふれるイベントはいいですよね。
応援したくなります。
ウチの姪っ子が将来は楽器を作る仕事に就きたいと本気で思っているようです。
中部楽器さん、紹介してみようかな〜

若い方と一緒になって作り上げるイベント、良い刺激を貰えそうですね!
o1211さんの若々しい意欲の源なのでしょう。
うちの市の図書館も、本のリサイクルが来週あるそうなので、覗きに行く予定です。
K市長は若者好きなのでしょうか。以前うちの子も栄で会った時、声をかけられて、「頑張ってちょ~ぅよ!」と言われたそうです^^

sinoさん、雨とこれがなければほんとによかったと思ったことです。

ojさん、クラフトを目指すなら、十分考慮すべき対象ですね。
50万のビオラの子でしょ?隙こそ物の上手なれ。
条件が許せば、考えて見たら?

きよっちさん、ここの生徒さんはいいよ。出演するので学園祭の打ち上げによばれると思いますが、すごく楽しみです。この子らの作ったものをいつか使いたいなあと思ってます。
今回はミステリーばっかりでしたが、エルモアレナードが気に入った。
ねたがふえた!
K氏は、年寄りと子どもを狙えと臆面もなく、本に書いてますね。彼氏を長に選ぶかの地から引っ越したい衝動にかられます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/56007233

この記事へのトラックバック一覧です: 余裕のまつり:

« 週末ライブ | トップページ | 心想(しんしん)というお店 »