« ひとつ飛ばしの構文 | トップページ | スカイルのbook off »

2012年11月15日 (木)

国家の腐朽性

大きな政府でも小さな政府でも、政府は腐っていくときは腐っていくのだ。
制度の形骸化と私利私欲がその根本原因である。

たとえば生活保護の仕組みは、最後のセーフティネットワークであるはずが、貧困ビジネスに使われてしまう。
そして、官僚たちが管轄の業界に天下り、退職金をせしめる。
政治家も選挙に勝つ技術はあっても、政策実現の政治的技術がない。つまり受からんかのために専門化してしまう。
しかし、こういうことを織り込んだ上で、制度設計をしていくしかないんだろうね。そういう意味で人は、悲しいぐらい利害関係で動く。

現政権の3年前の選挙は、勇ましかった。基地返還、政治主導、公務員改革、年金、社会保障改革・・・
しかし、そう簡単にひずんだものは戻せない。
俺はかつての自民党政権、財界、キャリア官僚の責任の方が重いと思う。
また、メディアの恣意的なのか、考えが本当に足りないのかよくわからないが、自己陶酔型正義感が本当に鼻につく。新聞,TV離れが進むのも当然である。
そして、原発事故、消費税アップ、TPP参加、見境のない公務員攻撃、オスプレイ配備、排外主義・・・
おえらいさんには、現場や庶民の気持ちや抱えているものはわからないし、さらにいやらしく知ってて食い物にしているのかもね。
みんなアメリカみたいな国になっていいと思っているのかなあ?身内をこんな食い物にしてどうするんだ・・

この危機感が第三極と言われるものになびく要因かな?
しかし、彼らの主張を見ると、あまりに・・・である。
おそらく、この情勢ではさらに深い地獄にはまっていくかな。

選挙なんか・・・やりたくねえ・・・

« ひとつ飛ばしの構文 | トップページ | スカイルのbook off »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

いよいよ時機到来ですね。
今年はもうこれで終了ですね(笑)
takuのラグビーが一段落着いている今で良かったと割り切りましょう。

そうですね。切り替えていきます。
衆院だけなら普通ですが、市長選が絡むと鬱陶しい。あの人たちだまたくると思うと・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/56113906

この記事へのトラックバック一覧です: 国家の腐朽性:

« ひとつ飛ばしの構文 | トップページ | スカイルのbook off »