« エクセルとアクセス | トップページ | 雨の守山スポセン »

2012年11月23日 (金)

クノールスープデリシリーズ

最近、クノールスープデリシリーズが、百花繚乱になってきたぞ。
スープを粉末加工する技術が上がったのか、味がトマト味、コーン味、ポテト味、中華風、和風、みそ汁等々なんでもござれだ。

具の方も、フリーズドライ製法きわまれり、というべきか、貝類、えび、鮭、ほうれん草に豆腐までもう何でもござれだ。
また、炭水化物の主食も、麺のみならず、パスタや春雨、はたまた、ご飯にパンとほぼすべてが出揃った。

昔、クノールスープというと緑色の袋で、とうもろこしの粉末でなんか溶け残りがダマになり、OJさん言うところのうまずい味というべき記憶がある。いや、まずいというべきか・・・
どうもいい印象はないのであるが、最近はぐっと水準が上がってしまった。でも、俺はこの味覚に慣れてしまっていいのか?と思ってしまう。158円だ。昼食に高いと見るか、やすかろうで、栄養が偏っているというべきか?
うーん、微妙・・・

で、またまた、新製品。
参鶏湯と坦々風味のスープ。

Cimg0824

変わっているのは、米粉のパスタであること。ねじられたマカロニというべきパスタが米粉製。
で、アジアンテーストとある。
今回は参鶏湯を食べてみた。
おお!
ajinomotoの中華スープと若干酸味ととろみのあるスープで、そこはかとない土臭さもあるぞ!

Cimg0825

パスタは間違いなく米の食感。ちょっと、フォーみたいな感じだ。透明感があって、もちもちっとしている。
しかし、とうとうここまできたか・・・すごいニッチな味だと思う。普通お昼にサンゲタン食べようと思うかな?
これがあたるかどうかはわからないが、どこからこの発想が出てきたのかな?

Cimg0827

俺はコスト削減の企業論理ではないかと思うが、どうだろう?
価格は150円台に抑え、他社との「差別化」をめざす、かなと思ったが、小麦粉の高騰が大きな要因だと思う。
世界的天候不順による不作と投機筋の思惑で、大幅値上げが予想される。ここは、比較的安定している米粉に先鞭をつけ、受け入れられるかアンテナを張るといったところではないか?
米粉が入っていると、さすがにアジアンテーストにしないとまとまらんし、パスタの製造技術をそのまま応用したということじゃあないか?
米粉も輸入物なんだろうか?タイ米あたりかなあ。
うーん、これから、米粉を使った商品が増えるのではないかな?
パンも団子も米粉製、ちょっと増えてきた気がする。
投資する?
ではなく、もう一度日本人と米食文化を考えるいい機会かもね・・・

« エクセルとアクセス | トップページ | 雨の守山スポセン »

食べ物 飲み物」カテゴリの記事

コメント

ウチの女性社員が言ってました。
「コンビニで昼食を買うと、サラダ、スープ、パスタ、パンで800円オーバーしてしまう…。三食の中で1番リッチなのが昼食です〜」
ある意味贅沢品なのかな。
ボクはコンビニで昼を済ます時は割り切った時なのでスープに手が伸びることはまず無いですね。だったらスナック菓子の新作買っちゃう!

スープも色々な種類が出ているのですね。私は専ら生協のコーンスープかワカメスープ、春雨スープですが、安価な割には美味しいし、冬は温まることが出来ますね^^
たまにはコンビニに行って物色してこようかしら^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/55823364

この記事へのトラックバック一覧です: クノールスープデリシリーズ:

« エクセルとアクセス | トップページ | 雨の守山スポセン »