« 国家の腐朽性 | トップページ | プロ野球って? »

2012年11月16日 (金)

スカイルのbook off

石橋楽器によると、丸栄スカイルをふらつくことにもなる。
でも、行き着くところはbook offだ。結局楽器屋と本屋だ。これに釣具屋と自転車屋があれば、とりあえず俺は完結してしまう・・・

スカイルのbook off、侮るなかれ、フロアのほとんどが売り場面積だし、けっこう混んでいる!
以前は新刊を扱う本屋さんだった。
本を売るコーナーにも人は切れない。売り場には、勤め人風の方がたくさんいらっしゃる。ニーズを掘り起こしたということだろうか・・・
意外に最近ベストセラーになったようなものがある。というかそういうものが多い。
情報を所有する時代ではなくて、消費する時代なんだと確信したね。ただ定点的で、そこへ行くと新たに刺激がもらえるという場は必要なんだ。
確かに、本をストックとせず、フローさせていき、情報を安く共有化することに異論はない。図書館とも新刊書店とも並ぶ本の傾向が違う。掘り出し物率が高い気がする。
ジャスラックには薬を効かせているんだろうね。
で、よるとつい買ってしまう。
やすいんだよ!
横山秀夫のフェイス。買ってきた。この作家、興味あったが初めて購入。

Cimg0833

新米婦人警官が主人公で、似顔絵書き修行を命じられ、苦闘する姿を描く。
警察の内部小説でもあるし、主人公の成長譚でもある。もう、てだれてだれ。没入しちゃうわ。悲惨なんだがどこかさわやか。
ほんと、もう俺はほっとするところがないと小説読めないわ。
いい作家だなあ。プロの技はすごい。
また、情報は本だけではない。CDはいまだ流通している。
THE BANDのアルバム「THE BAND」。ヘビーローテーションで聴く。
ちょっとだけ見えてきた。

The_band

« 国家の腐朽性 | トップページ | プロ野球って? »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

千代田のbookoffもいつも人でいっぱいですからね。
本の状態も良好でビックリします。
本も家に眠らせておくよりは売ってしまって沢山の人に読んでもらった方が嬉しいもんだ!
でも、本当にお気に入りの本は売りたくないですね。

雨の休日にはもってこいのビルになりました。BOOKOFFにユニクロ・gu、石橋楽器でしょ。隣の丸栄に成城石井があって、栄市場は鮮魚がお値打ち。先日はハマチ1本980円でまるごと買ってしまいました。
たしかにBOOKOFFは売る人の姿も多いですねえ。

私もまず図書館で借りて読んで、手元に置いておきたい程気に入ったら、まずはブックオフで探しますね。若い頃は手あたり次第購入していましたが、今はそんな余裕もなく。
子どもたちにも読ませたいと思える本は、必ず購入するようにしています。家族全員のお気に入りは、ボロッボロになっても愛しいです^^
「ほっとするところがないと小説読めない・・・」同感です!同感です!
ほっとするもの、あたたかいものを求めてしまいますね。「FASE」も以前読みました。
最近は美術関係の本ばかり読んでいたので、じっくり読める小説を読みたくなってきました^^

ojさん、千代田にもブックオフありましたか!桜書店の横にハードオフもありますね。
中古市場は重要だなあ。

sinoさん、最近スカイルしか寄らないなあ。
ブックオフにいくと1時間以上はつぶれてしまう。無目的にいくとずっといてしまうかも。
石橋では結構試し弾きして、客を引き止められるか実験したりしています。

きよっちさん、図書館、ブックオフ作戦わかります!本は手ざわりがないとねえ。
音楽でもそうですが、売れているものには秘密と魅力が絶対ありますね。
俺は逆に美術的なものを借りてこようかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/55899121

この記事へのトラックバック一覧です: スカイルのbook off:

« 国家の腐朽性 | トップページ | プロ野球って? »