« The Rolling Stones -- Doom And Gloom | トップページ | 英俳 »

2012年10月22日 (月)

ハゼが伸びている。

新聞ねたによると、秋も深まり、ハゼが伸びている。
大水が出たが、まだ、立田周辺にも残っているらしいし、ここはこのあたりで勝負でいいと思う。

というわけで、ゆ虫による大物一発勝負と、足元のちょっと伸びたハゼ狙いで出漁。
ここは、中潮でも大きく動くなあ。あげてくると川が逆流し、スパイク天秤でも上流側に持っていかれる。
ここまで潮が動くと、魚は餌をとることがなかなか出来ないと思うが、潮がゆるんでいるポイントに釣餌をおくりこめれば、大物を釣り上げるのは、不可能ではないと思う。
潮は、地球の呼吸のようだ。
がっと動くときと、ふっとゆるむときと。やはり川そのものが、生き物のように感じる。
竜は、川のこういった様子を伝説化したものなんではないか、そんな気さえする。
今回、延べ竿でなく、バスロッドでちょっとだけ投げて、少し遠目を狙い、満ちてきたら、テトラの隙間を狙う作戦を敢行。
大物狙いの置き竿は、14号のセイゴ針なので、イソメ類では瞬時に餌がなくなる。
ゆ虫にはまったく変化なし。
しかし、チョイ投げにはよくあたる。ハゼだ。
やはり、15cmに届くものばかりだ。いいぞ。
ときどき刺身クラスもくる。よく引くなあ。
手前すぎると根がかりも多発するが、少し沖目にもいる。
動く潮は釣りにくいが、魚は活発だ。
そのうち、食いがパタッと止まる。移動し始めたようだ。テトラポットの下にもようやく水が上がり始めてきた。
この隙間に避難するように、魚が上がってくる。あと15分後にあたりが出るはずだ。
・・・・・
予想通り。
よくあたるが、先手を取って底をきらないとすぐ持ってかれて根がかりしてしまう。
底をきるとよく引くね。8の字を書くようにぐるぐると走る。
今日は、大物は出なかったが、結構ハゼを確保。ついでに少々のシジミ。また、おまけのように手長えびも。

Cimg0834

さて、今日は刺身もとってみよう。ハゼの刺身は今シーズン初めてだ!楽しみ。
うろことはらわたは現地で処理してきた。
自宅で、大き目のものの頭をむなびれからはずし、尻尾の方から3枚に卸す。
皮を、身との切れ目を入れたら手でひく。
腹骨をすいて、あらはみんなてんぷらにしてしまう。
あれ、クロダイとやっていること一緒じゃん!小さいだけで。
身は、糸造りにしてだししょうゆとわさびで行くことにした。

できた!シジミの汁。刺身とてんぷらと。

Cimg0837

Cimg0836

刺身。これは、小味がある!
「あまいね。」という評価が。

身は小さいが、ひらめやふぐにひけをとってないぜ!ほんとだよ!

てんぷらは、もう定番。白身魚のこくというものがぐっと感じられる。

Cimg0838

今回、ゆずポンもかけてみた。柑橘系もいいなあ。ということはマリネもいけるなあ。たまねぎと一緒に甘酢につければ、保存も効く。あっという間に食べてしまうのだが。

こりゃ、しばらく楽しめるよ。ハゼは偉い!

ベストタイミングは、中潮から小潮周りにかけての上げはなから三分ぐらい。もしくはテトラに水がきて、八分から潮どまりまで。こんなところか。
ゆ虫の置き竿は必須。かなり確率は高いと思う。マズメにかかれば、マダカクラスも充分くるはずだ。
秋はこの釣がいい。
お金かからないし、夕餉が充実する。

なんか企画にしようかな・・・

« The Rolling Stones -- Doom And Gloom | トップページ | 英俳 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

ハゼの刺身は食べたことないなぁ。
甘いんですね。
シジミといい天ぷらといい将来の生活が見えてきましたね。

ハゼ刺し、最高ですね。
甘くてコクがある。ほんとひらめと似てます。
冬はスキーとラグビー観戦、春は山菜と渓流、夏は鮎、秋はクロダイとはぜ、潮が引いたら蛤、蜆、マテ狙い。こんなとこかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/55912608

この記事へのトラックバック一覧です: ハゼが伸びている。:

« The Rolling Stones -- Doom And Gloom | トップページ | 英俳 »