« エレアコの現在 | トップページ | 鎌田のだししょうゆ »

2012年9月29日 (土)

コメント御礼

みなさん、takuの最後の公式戦報告にコメントありがとうございました。
ようやく、みんな立ち直ってきたようです。
先生方も登校拒否したい気持ちだったそうですが、ようやく気を落ち着かせて、次に向かう気になって来たようです。
新体制も決まり、2年生、相当気合が入っているようです。
3年も皆、大学行ってラグビーを続ける決意をしたようですね。リーグ戦であえるかな。楽しみです。

・・・・・・・・・

ojさん、こうなることはわかっていたし、自分ができること全うした気持ちもあるのですが、やはりなんか気が抜けますね。
整理があまりできてないですね。このブログをはじめたのも、swrfcとしてのスキルをあげるためにはじめたのではないかと思うぐらいでしたが、いよいよswrfcをログオフするときが来たようです。
身体は正直で、ちょっと調子を崩しています。あちこちがたがきはじめました・・・張っていたものが緩んだ感じかな・・
takuは名城大学でラグビー推薦を受けたので、続けなければいかんでしょうね。東海勢も大学選手権に出場できる可能性が開けたようです。学校、力が入ってます。
また、奴は建築物と災害を防ぐことに興味があるようで、建築科に進みたいということです。どうなるかな・・・
一眼、いいですよ!是非。PENTAXk-r体験も、Ojさんの人生に影響したかな?
mashichanさん、母娘、一緒の習い事ですか!いいですねえ。
俺の近所のおじさん論に、「大人は理不尽で、子どものいうことは聞かなくていい。」というものがあります。
自分の意見は簡単に通らないという経験も必要かなと思います。
学童っこにはやたら命令してましたね。「なんで、おれ?」という意見は無視してました。
話し合いながら、hitoちゃんのことはまだしばらくmashichanさんが決めてしまえばかまわないですね。
状況見て続けさせるのもありですよ。

きよっちさん、きよっちさんのブログを拝見して、ああ、これは、俺の一月後の気持ちだと予感してましたが、そのとおりだったと思います。
いろいろあったと思いますが、奴らはほんと有意義な高校生活をすごせたと思います。うらやましいぐらいです。ほんと先生方に感謝の一言です。
しかし、ネットの進展というものは、すごいものですね。
デジタルカメラとちょっとした文章で、ここまで表現でき、公開できてしまう・・・
西春高校の野球部を知っているように感じてしまい、逆に瀬戸西ラガーマンたちをみてくれているきよっちさんがいる・・・
瀬戸西ホームも多くの関係者が目を通してくれていたと思います。おそらく、今後、この発信力は部に求められるものだと思います。新入生は絶対チェックすると思うしね。なんとしても引き継いでいきたいです。

さて、俺は何をしようかなあ。やりたいことはたくさんありますが、金が取れるくらい本格的で、第2の人生につながることがいいなあ。

ちょっと一休みしながら考えます。

« エレアコの現在 | トップページ | 鎌田のだししょうゆ »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

一つだけでも何とか勝たせてやりたい…
そこの部分って将来的にはほんの些細な部分なんですよね。
そりゃどこも勝ちたいと思って必死に練習をして戦ってくるわけだからなかなか思い描いたシナリオ通りにはいきませんね。

僕が嫌いな解釈に「三年間やってきた結果がこの試合か…」というのがあります。
高校スポーツの場合、明らかにそのプロセスの方が尊いのであって大会というのはただの成果発表会に過ぎないと思います。
共に笑って泣いて葉を食いしばった3年間。
ある意味クラスメイトよりもずっと深い絆で結ばれているように思えます。

親として一番嬉しかった言葉は「昭和でハンドボールをやれて本当に良かった!」と娘が最後の大会で言ったことでした。おそらくtakuも同じ気持ちじゃないかな…。

takuも瀬戸西ラグビー部でよかったあ、が口癖ですね。
そうそう、勝ち負けはスポーツである以上そこを追及するんですが、ほんとプロセスが大事で、ここまで真剣に、たくさんの仲間とともに取り組んだということがかけがえのないものだと思いますね。
今、寝れなくて食べれないスロワーのY君をずっと励ましているようです。
また、指導者にも恵まれたと思いますね。
成瀬先生を尊敬するといいますもんね。このカリスマ先生は見た目ごついがやさしい人でしたよ。でもはじまるとあつくなるところが本当におもしろかったです。
今は志望理由書を書いては、先生にだめだしを食らい、うんうんいいながら書き直してます。5回はやられるそうですわ。なんか笑えるんです。中身が。ブログににアップしようかなと思うぐらいです。

o1211さんの記事と、おふたりのコメントを読んで、ちょっと涙が出てきました。
本当に抱えきれないくらい、たくさんの気持ちが生じてみえると思います。
素晴らしい仲間と、全力で頑張れた達成感。だからこそ、もう少し長く共に居たかったという思い。幸福感・後悔・寂しさ・・・簡単には整理できませんよね。
でも、それら全部ひっくるめて、本当にかけがえのない、輝く日々ですね。

takuくんのこれからも、きっと素晴らしいものになるでしょうね!
建築と防災、これからの日本にとって、とても重要でニーズのあるものです!
takuくんのこれまでの頑張りと、これからの努力が、日本を支える礎になることと思います!!

うちの次男の場合、最後の大会に至るまでの、故障の期間が最も苦しかったようです。
でもその時、うちの子も言いました。「西春の仲間と一緒に野球をしたい。ただそれだけだ。」と。
この思いがあるから、若者は輝いて見えるのでしょうね!キラキラの若者の未来が、もっともっと輝きますように!
そして親たちも共に楽しんでいきましょう^^

そうだ、旅に出よう!

きよっちさん、おそくなりました。珍しく言葉に詰まりました。それだけいろんなことがあったんだなあとしみじみしています。
本当に過分なお言葉、恐れ入ります。
自分自身、ここまで生きてきて、何か役に立ったのかといわれるとあんまり自信はないのですが、それなりにはやってきたつもりです。
takuはちょろちょろ良く動く子どもでしたが、なぜか、地震や台風を怖がる子どもでしたね。
6年のとき、かみさんに頼み込んで、広島の原爆ドームを見に行くツアーを決行してましたね。そんなことも思い出されました。
ラグビーは、写真撮らせてもらい、プレイヤーサイドの目線も示唆され、今後自分の人生としてもこれは楽しめます。東海大学リーグは見たことある子が多くて、応援し甲斐がある。ラグビー観戦もゆったりしていていいですわ。名城大は東海大仰星出身の子が多いです。すげえな・・・
子育ても第4コーナーを回り、俺たち世代は、あとは親の介護と自分の健康管理を含めた身辺整理がテーマですね。
若者たちは応援したいですね。さあて、俺に何ができるかな?

sinoさん、いいですねえ。旅。

Certainly not glower, even though a person is miserable, once you never know who is responsible for slipping motivated by your current laugh.
Air Max Pas Cher http://nikeairmaxpascher90.blogspot.com/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/55769117

この記事へのトラックバック一覧です: コメント御礼:

« エレアコの現在 | トップページ | 鎌田のだししょうゆ »