« ジョンとサイモンとガーファンクルと | トップページ | 員弁川研究1 »

2012年9月 3日 (月)

曽我部恵一BAND "天使"

このバンド、ito君から教えてもらった。
いいね。アレンジ、演奏、歌詞。

こういうバンドが増えてほしい。音楽表現ってこういうことじゃないかと思う。
この曲のコンセプトが「天使はおっさんのかっこうしている」で、最後雑踏に消えるんだけれど、おれの思いとあまりにかぶった。
彼らは、音楽に対する忠誠心がすごくある。よいものを作る。見栄も体裁も格好付けも違う目的もないね。
過不足のない骨のようなサウンドだ。
ここにいたる過程において、ジャンルは違っていても、市井のおっさんたちにある純化された精神性が見えるようになったんじゃあないか。
でなければこんな曲はできてこないなあ。

最近、積水ハウスの宣伝歌を歌っている人です。

« ジョンとサイモンとガーファンクルと | トップページ | 員弁川研究1 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

o1211さんの考え方とがっつりハマってますね。

OJさん、この人ら、いいよ。
こういうバンドにがんばってもらいたい。
やりたいことがわかる。ギターもこう来るかという感心するところ満載です。

歌詞が面白いので、じっくり聴いてしまいました^^
最近のドラマでも、天使がオジサンだった!というのが多いですよね。
真っ先に思い出したのは、森絵都さんの「カラフル」。このお話しに出てくる天使、オジサンではないけれど、クールで素っ気ない青年で^^
・・・天使って、きっと不意にやってくるんでしょうね。追っかけたら逃げちゃうってことは、この人はまだ、天使の力を借りなくてもいいヒトなのかな~。。。
すみません。話がそれてしまいましたが、こんな感想を抱いてしまいました^^
積水ハウスのCM、気を付けて聴いてみます♪

きよっちさん、実はこのブログのタイトルの曲、オリジナルで作ったのです。
それがこの曲のテーマがそっくりで・・・・
http://hirosi1211.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-765f.html
ちょっと思案しているときに、ものすごく親切なおっさんに出会うことがあるのです。
九州一人旅で財布すられて呆然としてたときにお金をくれた人とか、(あとでかえしました)学童母たちにマテ貝掘りを指南してくれた人とか。
見た目さえなくてもかっこいいんです。おれもそうありたいなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/55030951

この記事へのトラックバック一覧です: 曽我部恵一BAND "天使" :

» 曽我部恵一 最新情報 - Nowpie (なうぴー) J-POP [Nowpie (なうぴー) J-POP]
曽我部恵一 の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど [続きを読む]

« ジョンとサイモンとガーファンクルと | トップページ | 員弁川研究1 »