« 背カン鼻カン | トップページ | ある夏の日の断面 »

2012年8月 4日 (土)

WINZさんによる

ちょっと時間ができたので、sinoさんにご教示された名東区の新宿2丁目にあるギターアンプ工房WINZさんによってみた。

看板も出てないし、こりゃ見落とすなあ。
普通のマンションの6階の扉にwinzと書いてあるだけだ。
外出中となっていたので、自宅兼仕事場かな?
まあ、今日は場所の確認ということで・・・
興味あったのは、メサブギのレクチファイヤー50Wヘッドアンプとハイワットの50Wヘッドアンプ。
それと、最近入荷したと思しき、マーシャルのDSL400コンポアンプ。
すごいな!この人はどういう人なんだろう?
ホームのコメントを見ていると、このマーシャルには辛口だね。最近の仕様なので、やっぱり、オールドで、個性的な設計思想がないとおもしろくないのかな?
ふーむ、どういうことか・・・このDSL400、真剣に買うか検討したんだよ。意見聞いてみたい。
それと、50Wのヘッドアンプはありだよ。サイズダウンの分、小回りが効くはずだ。ちょっと音をだしてみたいね。
またいずれ機会を見て、立ち寄りたいと思う。
ついでに近くのハードオフに寄って見た。
驚いた。音楽CDとギター関連、充実している。
この店長は間違いなく詳しいよ。
メサブギのマーク3もあり、フェンダージャパンのキースリチャーズ仕様のテレキャスターまであった。
フロントがハムバッカーで、セレクターがストラトのものに変更してある。ここまで似せたマニアックな仕様がハードオフにあることがすごい。守山と明らかに違う。
この名東区というのは、なんかこういったギター文化があるのかな。
スローブルースという店もあるし・・・
だから、winzさんも名東の地を選ばれたのだろうか・・・音楽的地政学も面白いなあ。
CDの品ぞろいもちょっと変わっていた。
クラプトンのジャーニーマン500円、ジェフベックのフーエルス500円!なんと!
即買い。
ついでにエクストリームも買ってしまった。
ヌーノベッテンコートのしたいことが、ちょっとわかってきた。
目的は果たせなかったが、なんかが得るものがあった。

« 背カン鼻カン | トップページ | ある夏の日の断面 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

直前でもいいので、電話をしてやってください。「今から行く」とか「近くまで来ている」とか、ときどき出張もしているみたいですから。市内短時間外出もあるみたいだし。よろしく。

ボクは目の前のとんかつ屋さんと近所のうどん屋さんなら詳しいですよ。
名東区は出店しやすい環境なのかな?特に日進に抜ける高針線はまだまだ開発の余地ありですね。

sinoさん、一人でやっているとそうでしょうね。
最近、ライブハウス増えてきているように思う。今度出演するところも、mujika系列の新しいところだし。
真空管アンプ、ニーズあるぞ!

ojさん、藤が丘といい、日進線といい、名東区くるよ。仕事になんか影響するかも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/54710356

この記事へのトラックバック一覧です: WINZさんによる:

« 背カン鼻カン | トップページ | ある夏の日の断面 »