« JMW LIVE1 | トップページ | 学童夏祭り、blue sheets live告知 »

2012年7月 2日 (月)

琵琶湖小鮎ツアー

行ってきました!琵琶湖の小鮎さらいに。 HSさんのお誘いを受け、何をどうするのかもさっぱりわからず、とりあえず、西区のHDさんの自宅に朝5時集合ということで、参加メンバーもわからない謎のツアーに行ってきましたよ。

ついてみると、HDさん、MTさん、YMさんがすでにスタンバイ。YMさんの愛車ビッグホーンに荷物を積み、出発。
HSさんと俺だけが50台で、後は退職され、70ちょい前の方ばかりだが、皆さんお元気。まだまだ皆さん再雇用職場でお仕事なさっている。
道中も話が弾む。ぜんぜん違和感なし。
何をどうしてどうなるのか、おぼろげながらわかった気がしたが、こんなでっかいタモをどうするのか?
さすがの俺もイメージがつかめない。収穫の当たり外れはありそう。
さて現地到着。
琵琶湖の湖北。賤ヶ岳の北に位置する高月町。
Huukei

余呉川沿いに田んぼが広がっている。
しかし高低差が少なく三方を山に囲まれている地形のため、洪水の被害が大きい所だったようだ。
昔は飢饉も度々あり、排水用の水路を掘り、余呉川の水を琵琶湖に放流するトンネルを掘削する事業が江戸時代からおこなわれ、昭和55年に現在利用されている放水路が完成したとのこと。
ふむふむ。なるほど。

これは旧トンネル。今は琵琶湖に抜ける歩道となっている。

Cimg0673_2

こちらが現在の放水路。

このトンネルを通り、余呉川に小鮎が大量に上る。

Nisino03

雨後、少し増水気味のときなど黒い帯状になってあがるらしい。それを狙い琵琶湖特産のハスやビワコオオナマズもトンネル前にうじゃうじゃいるらしい。
放水路なので漁業権など設定されていない。ただし、保護の観点から、盆過ぎから11月までは禁漁となる。なるほど!
地元の方が川から上がってくる。
「どうですか?」
「今日は少ない。あかん。3日前はすごかった。6kgとった。」
気持ちがしぼむ。
まあ気を取り直して川へ。
リーダーHDさん、オオタモを手に、水に飛び込むと、モップ掛けのような要領で、全力で流れに沿って駆け下る。
30mほど下って斜めに横切りながら、岸へ。
タモをみると大量の小鮎が!
尺を超えようかというハスも何本も入っている。これで少ないか・・・
「コツは流れより速く、鮎より早くはしることです。」とHDさん。
タモは自作。

Tamo_2

柄は天然切り出しの杉。フレームは自分で溶接したステンレス製。網がこすれて切れないように接地面にはもう1本補強されており、そこにビニールテープが巻かれている。他の人のものとは違い、がりがりといった音が出ない。鮎を脅かさずにすむ。特製だ。
「おれ、こういうの考えて工夫して作るの大好きなんだよねえ。」とHDさん。
すごい!参りました。こういう野性味たっぷりの人はほんとすごいと思う。
皆でかわるがわる挑戦。
HDさん、鬼コーチに変身。
「もっとはやく!タモがういてるぞ!もっときわをねらえ!」
15本は下ったね。
だいぶ動作のこつを覚えたが、状況についても、下でほかの人がやっているとおびえて遡上が少なくなったり、魚の休憩するポイントは決まっていたり、なんとなく見えてきた。なるほどなあ。興味深いなあ。
これは、ラガーマンがトレーニングをかねて、行う漁だ!
この小鮎をほかの川に放流すると大きく育つのもほんと不思議だ。
みんなの成果。

Cimg0675

帰りに池田町のグリーンセラ池田温泉による。
最近、道の駅を増設し、新館も作り、人気の施設になっているようだ。一時期、実家に帰った後よくよったが、最近はご無沙汰していた。ずいぶん発展している。泉質は昔から定評があった。リニューアルして、中が広く快適に変貌していた。

Ikeda

町おこしだね。
地の物のナスとトマト購入。安い!
さて、この鮎をどうするか?
ナスとてんぷらにしてみる。

Tenpura

塩と天つゆで食す。
うまい!
これはいい!わたのほろ苦さがよい!で、鮎のかおりがする!いくらでもいける。
学童夏祭りにてんぷらにして、出そうと思うがどうだろうか?
7~8匹で100円。
昼に賤ヶ岳サービスエリアで食べたものは10匹前後で300円だった。
小さい子どもはこの苦味がどうかな?でもこれが鮎の味だね。
知ってほしいなあ。

えー、皆さん、ありがとうございました。楽しすぎて頭がくらくらしてましたね。
いくつになっても、こういう気持ちは変わらないし、やってることも話すことも高校生のころからぜんぜん変わってない気がしました。
HSさんのお誘い、のってよかったあ!
また新しい世界観と新しいポイントが増えました。またいろいろやりましょう!

« JMW LIVE1 | トップページ | 学童夏祭り、blue sheets live告知 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

小鮎の天ぷら お待ちしてますヽ(´▽`)/
今度の日曜日 イイ天気になるといいなぁ。

スゴイスゴイ!
5匹100円でも充分いけそうじゃないですか?
夏まつりのカッコがついてきましたね

ykcさん、味は保障します。ほんと後は天気だね。
ただ、苦いと嫌いになる子が出ないか心配です。
渓魚、もう一息がんばります。

ojさん、正確に数えてないけれど、あと300ぐらいはあるかなあ。
営業や歩留まりを考えると1匹12円見当で、8匹100円という線でどうかと。
昨日ピアゴに20匹で300円で出てましたね。
新基軸で俺も皆さんの評価が楽しみです。

ちょっとオ、夏祭り行かなあかん。

お!sinoさん、お待ちしとりまっせ。ぜひ。
缶ビール、チューハイ、小鮎てんぷら、あまご塩焼き、やきそば。
夏だなあ~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/55091853

この記事へのトラックバック一覧です: 琵琶湖小鮎ツアー:

« JMW LIVE1 | トップページ | 学童夏祭り、blue sheets live告知 »