« 人間万事塞翁馬 | トップページ | 生きる楽しみと長く生きる意味 »

2012年7月13日 (金)

エースの帰還

陸前高田出張中のうちの野球部のエースが帰還。しかし、とんぼ返りで、旅立つ。つかの間の休日。
ねぎらい宴会が企画された。幹事、ご苦労さんでした。

週はじめでなかなかみんな合わなかったが、若い衆が寄り合う。まあ俺はスポンサーかな。
場所は笹島と納屋橋の中間点ぐらいにある「吟ノ蔵」。週はじめのせいか、以外にすいていた。
刺身、うまかったね。市場が近いせいかな。いい魚使ってるわ。しかし、ああ、カメラ電池切れ・・・
後はみそおでん。豆腐が煮込まれて、チーズ状になっていた。しっかりしたたんぱく質。水分は抜けていて濃い味。八丁味噌の甘辛さとばちばちにあう。
芋焼酎、島美人といただく。
いいね。
話も濃い。
軟式野球東北代表を目指したが、負けたらしい。東北はレベルが高いとのこと。いい関係性構築だ。すばらしいね!
でも、どうしても仕事の話になる。
寄り合った連中、みなかなり苦労している。大きなストレスを抱えているなあ。
壊れかかってしまった人たちへの最終ケアで、きれいごとではすまない話ばっかりだ。
どの業種もこのような事例を抱えていると思う。
企業論理の合理性は人間にとっての非合理性を孕んでいる。
介護も心の病も増える一方だ。
かなり大人の話だったね。
ここに来た連中は、どっかで抜くことができ、スポーツや宴会などで自分を出せるタイプばかりだ。
上司の話を真にうけない、怒る客の原因を探り、鎮めるボタンをさがす、うけながす、情報を共有化する、仕事を人にふる・・・必死につかんだ対処法だ。
が、聞いていると、同僚や同期で煮詰まっているやつの話が多い。
情報の管理の息が詰まるようなしめつけ、上げ足を取られないようなマニュアル化された応対、いい訳めいた書類の作成事務の増大と電算化による人減らし。大変だなあ・・・抱え込むといつの間にか蝕まれていく。
恋愛や結婚どころではない感じ。ましてや子育ておや。
少子化とはこういうことで起きている。社会問題だ。
まあ、人ごとではないな。俺もよく生き延びた。みんな、踏ん張れ。なかなか先が見えないが。
俺がすべきことは、寄り合えるポイントを作っていくことかなあ。
野球、バレーボール、音楽、アウトドア・・・
しかし、こうしてみると、太郎一族は丈夫ですなあ。

« 人間万事塞翁馬 | トップページ | 生きる楽しみと長く生きる意味 »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

太郎一族ですが、それ感じます。
他の飲み会と会話の中身が違う・・。
悩みすら笑い飛ばす!これも太郎の奇跡と呼びましょう。

たしかに。俺も宴会に太郎基準というものがあって、基本そのレベルまで宴会を引き上げるのが重要と思ってますね。
太郎では、ねたがのっていくんだよなあ。エスカレーションの醍醐味があるね。

┐( ̄ヘ ̄)┌ えーっ!
ただのオヤジッチの集まりじゃないのsmile

そうそう、ただの集まりだよ。月1回飲むのが18年続いたただの集まりだね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/55165687

この記事へのトラックバック一覧です: エースの帰還:

« 人間万事塞翁馬 | トップページ | 生きる楽しみと長く生きる意味 »