« メンコを語る | トップページ | 居酒屋楽楽楽 »

2012年7月27日 (金)

昭和爆音婦人会と早川岳晴氏

今池tokuzoでベーシストの早川岳晴さんと昭和爆音婦人会のライブ。

中部楽器のH先生、O先生も来る。
いいチャンスだ。いろいろ秋口に向けての打ち合わせを兼ねる。音響の技術的積み上げと方向性の打ち合わせは必要である。今年はどういう形になっていくか・・・
区民まつりと、2回ライブに寄せてもらい、爆音さんの音が少し見えてきた。
基本はリフのリズムとラインのシンクロさせたサウンドがベースにあり、1曲あたり3種類ほどのリフが用意されている。
「40℃」という曲と「try!try!try!」という2曲が特に残ったね。
とめる、入る、アクセントを入れる。同じメロディを繰り返してエスカレーションしていく。
これを可能にしているのは、キープ力の高い青酸カリ子さんのベースだ。
シンクロする音の切れがいいのでめちゃくちゃラインがはっきりわかる。ここにオリジナリティとこのバンドのよさがある。みんな演奏のクオリティが高い。
このシンクロと増幅はファンク的だと思う。ファンクロックと呼んでいいと思うし、繰り返すことによる酩酊感がある。
さて、早川岳春氏。
「うちらの倍、轟音です。」と爆音婦人会のG子さん。
セットはドラム2セット、ギター2台。ベース1台。
全部インストルメント。歌なし。
こりゃ、確かに轟音だ。しかし、よく聴こえるし、これはリズム隊が考える極北の曲だね。
まさにシンクロ。
ドラムがほぼ同じに叩く。これだけでもまさに驚異だ。
3ピースバンドが要のベースを共有しながら2つステージに立っていると考えてもいい。こんなバンドははじめてみた。ギターの掛け合いをベースが仲裁しているようにも見えるし、そのバトルにベースも参加し、さらにあおっているようにも見える。
これは、ある種のjazzだ。
ドラムのパターンが8、16、シャッフルで、ロックの基本の中に個性はすごく感じるのだが、まったくずれない。その上で、テーマとなるベースラインが作られ、それをギターがソロを取り合う。
リズムがあっていれば、メロディはごつくても、しっかり聴ける。
ただならぬ緊張感がある。
弾きまり、叩きまくり。
これは聴きこんで学べるなあ。ということで、4枚目アルバム「螺子」を購入。
本人サインをもらう。
なんやさんに結構出没するらしい。次来たら行ってみよう。

« メンコを語る | トップページ | 居酒屋楽楽楽 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

そっか、もう秋の準備かぁ・・あっというまに今年もおわりそうですねえ。
でも、涼しい秋のイベントを考えていると、少しは暑さを忘れるような・・気がしない?

音の大きさ=自信の大きさ?
常に先を読み、準備してるから長生きするね。

sinoさん、計画はだいぶ固まってきましたね。
去年ステージそのものは評判よかったので、定番化したいですね。仕事はどうしても属人的になるなあ。
作ってきた関係は大事にしたいです。

ojさん、早川氏はきよしろうと一緒にやっていた方です。
すごいバンドでしたね。轟音なんだけれどクリアなんです。わかりにくいメロなんですが、何か残るのです。売れるバンドではないですが、日本のロックの発展形だと思います。
いろいろなジャンルがあって、それぞれ深まり方がある。ああ、音楽はいいなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/55264561

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和爆音婦人会と早川岳晴氏:

« メンコを語る | トップページ | 居酒屋楽楽楽 »