« 敗北の弁 | トップページ | なつまつける »

2012年7月 9日 (月)

作務衣

作務衣を買おうかな。
メモリーレーンのイベントでは、七夕ライブは浴衣を着てこいという無理難題があり、去年はあまり考えず、着ていく気もなかった。しかし、出演者なので、そうもわがまま言っておれず、最終的には、急遽甚平を購入し、着ていった。

対バンの皆さんも着ていた。ああ買ってきてよかったと思った。
DDRというおじさんバンドも、みんな甚平だった。
クラプトンもカバーがかっこよかったんだが、MCで、俺らが甚平を着ると病院の入院患者にしか見えないというネタフリがあった。
そういわれるとそうにしか見えなくなってしまい、大笑いしていたんだが、ふと、考えればおれもそうじゃん!
MOは、以外に苦労してきちんと浴衣を着付けているし、せめて、俺は入院患者だけは避けたいという至極当然の要求が出てきた。柔道着でも買おうかとも思った。
自転車屋でロードバイクへの道の著者のエンゾ早川氏は、作務衣の効用を説いていたが、そうか、俺も1着ぐらい持っていてもバチは当たらんだろう。
ということで、amazonをあたる。
5000円前後。ありゃ、意外に安い。そういえばmotojiroさん、夏はずっと作務衣と下駄履きだなあ。
いわば、和の作業着だ!なつまつりの魚の塩焼きづくりにも最適ではないか!
これなら、イオンでもあるかな。
で、行ってみたが、作務衣はないなあ。甚平、浴衣はあるが。
それから、下駄があった。これはほしいなあ。
ライブで下駄でワウペダルを踏む。おお!やりにくい!でも、和風でよろしい。
で、結局、楽天で、不思議工房さんの、「粋加」というシリーズ作務衣を楽天で注文してみた。
こりゃ、作業に向いている。
なんか、きっと七夕ライブ向けというより、なつまつり魚塩焼き作業用にコンセプトが変わってきてしまった・・・
前掛けもほしくなってきた・・・

ああ、しかし、納品間に合わず・・・ライブには学童の半被着ていこう。

この夏は、和服を着てみようかなあ。そういう年恰好だし。

銀化の主宰の中原氏、着流しの着物、こなれている。あんな感じめざそうかなあ。

« 敗北の弁 | トップページ | なつまつける »

身辺雑記」カテゴリの記事

コメント

入院患者のくだり、面白いですね。
o1211さん、作務衣似合いそうだよ。今度太郎で作務衣デーやろ!
作務衣を着てきた人は倍支払いでね!

なんかね、和風かなと自分で思いはじめました。
昔の男は、夏は浴衣で冬はどてらだったじゃん。俺もそういう年恰好になってきたしね。
motojiroさんが似合うと思うね。
taro倍額ね。全員倍にして同額にしましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/55138998

この記事へのトラックバック一覧です: 作務衣:

« 敗北の弁 | トップページ | なつまつける »