« ジョージハリスンのギターコレクション | トップページ | そうだ!菅平に行こう! »

2012年7月18日 (水)

三昧の夏1

ラグビー部の予定表を見ると、練習、試合、合宿、大会とスケジュールてんこ盛りだ。
あと3ヶ月。その後のことはまた考えればいいさ。こっちもできるだけ協力しよう。

と同時に、時間の有効活用。
練習試合があったら、写真を撮ってホームに載せてあげたいが、練習のみのときは、送りがてら、「矢作川で鮎つり」を実践してみた。
しかし、大水とダムの放水で、水、まっ茶色。
「せっかくの休みだけれど、自然には勝てません。今日はだめ・・・」と囮屋のご主人。
えてしてこんなもんか・・・様子を見ただけでひきあげる。
グラウンドに戻ると、瀬戸南山中のラグビー部の諸君が。おお小さい!かわいいなあ。50人以上いる。
瀬戸はラグビー盛んだなあ。
帰り道。
「ありゃあ中学生かい!人数もすごいなあ。」
「あいつら、すごくうまいよ。モクソンが『俺が3年かけてやっと身につけたことをもうやってる・・・』って泣いとった・・・」
「なんで、こいつら瀬戸西にこんのだ?」
「成績のいい奴は旭野ぐらいに行くしね。あまり芳しくないと栄徳かな、いずれにせよ、中途半端なんだ。瀬戸西は。化学の先生にお前らはナンチャッテ進学校だって言われてるわ。」
「むずかしいもんだ・・・」
「今日はじめて、ウィングをやってみたけど、楽だなあ・・・こりゃあ癖になる。」
「なんか感想は?」
「よく見えたね。やっぱりフォワードまだ遅いし、タックルも高いわ。後まとまって行き過ぎる。2段3段の備えができてないから、一人抜かれると、簡単に最終ラインまで来てしまうなあ。もっと考えてプレイしないとだめだね。その点、中学生は感覚がある。フィジカルはさすがになんともならないけれど、順番もちゃんと守っているし、体力の温存もできている。」
「なるほど。」
「でも、今年の1年生、みんないいよ。闘志ある。、前に行こうとするし、タックルもちゃんと行く。」
「こりゃ、楽しみだ。」
「夏過ぎたら、ばけると思う。合宿がポイントだな・・・」
「なるほど。」
「あと、おばさんたちの声がよく聞こえたなあ。フォワードのときはまったく聞こえなかったけれど、バックスだと何でもよく聞こえる。だからバックスはかっこつけて、調子こくんだな。みんなつぶしてやったけど。」

試合もやったようだ。しまった。ちょっと見とけばよかった・・・

« ジョージハリスンのギターコレクション | トップページ | そうだ!菅平に行こう! »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

確かにウイングは見ていて楽とまでは言いませんがボールに絡む回数は少ないですね。
とても良い勉強になった事だと思います。

このスポーツを通じて考え方が進化していっていることを感じますね。
こちらもプレイヤー目線を教えてもらえるので、ゲームがよく見えるようになりました。
今度の菅平の合同選抜大会では、コベルコスティーラーズの選手にずいぶん指導してもらえるらしい。いいチャンスだなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/55218484

この記事へのトラックバック一覧です: 三昧の夏1:

« ジョージハリスンのギターコレクション | トップページ | そうだ!菅平に行こう! »