« まて調味料 | トップページ | 矢作川探索2 »

2012年6月 3日 (日)

矢作川探索1

そうだ!矢作川の鮎の年券を買おう!
12000円也。

日釣り券が2000円なので、6回行けば元が引ける。
土曜日の練習に瀬戸西高校まで送りに行ったついでに、猿投グリーンロードから枝下インターまでいって、その辺りでポイントがつかめれば2時間ほど竿だしが可能で、帰りの迎えに行って3時ごろには帰宅できる見当だ。
なんだか鮎釣りに関して、ぜんぜん上達しないのだ。悔しくてしょうがない。
川立て、仕掛け、立ち居振る舞い、もう一度見直して、何とか格好がつく釣りをしないと。
今年は、最終年。ラグビー部にできるだけ協力したい。でも、魚も必要なんだ。両立するにはこの方法だ!
プールで泳いでいて思いついた。1年券連想だ。
猿投グリーンロード枝下インター辺りの囮屋、ポイント、適正仕掛けを研究だ!
というわけで、さっそくいってみた。
枝下インターで降り、最初の囮屋に寄ろうと思いつつ、川に沿いさかのぼる。
広瀬の信号を超えたところに、「おとり」の文字看板が。
ここまで瀬戸西高校から30分。ありゃ、近いもんだ。
男性が一人。
おお!じゃあここにしようかな。
「ごめん!客があまりに少ないので、営業やめちゃった・・・6月半ばからやるわ。」
「えー!ああそうなの!・・・さかなどう?」
「まだちょっと早いね。今日は昨日の雨でにごって、水温が低いので、ちょっとえらいかなあ。」
「そうか・・・」
「上流の方ならやっているところあるよ。」
ということで、ここで年券を購入し、上流の小渡地区をめざす。
このあたり、広瀬やな周辺。いい瀬がある。時期と条件があえば、数が出そうな気がする。近いし、要チェック。
今日は、川の様子とポイントの把握のための下見だ。矢作川漁協管内全般を見てみよう。
今日は釣り人は少ない。まだ、ちょっと早いのか?
水はややにごっており、昨日の雨で水温がずいぶん低下しているらしい。
犬伏川合流点など、よさげなポイント多数あり。
笹戸ダムを超え、最上流部小渡地区へ。釣り人も結構いた。サークルKあり。囮屋2軒あり。
恵那漁協との境界の橋から川立て。
追ってないなあ。石もちょっと泥をかぶっていて、こりゃあちょっときつそう。
でも、渓流っぽい雰囲気があって、大岩、荒瀬、チャラ瀬、鏡、様々な様相を見せてくれるし、駐車スペースも多い。
時瀬というところの川っぺりに降りてみる。釣り人、いるいる。
川幅はないが、駐車スペースが広く、30人ぐらいまで入れそう。
昼食を食べながら見ていると、一人掛けた。対面の中洲のへちのあたり。でも続いてこない。ということは増水からの避難の鮎かな?
さらに、下ってみる。
島崎公園という公園があり、これも河畔に降りられる。小渡地区の真ん中だ。ここも人がたくさんいる。
川まで近いし、アウトドア用のいすを出して、休憩している釣り人も。この時間のすごし方はいいなあ。
天気がよければ、寝てしまいそう。釣れない時間帯は休憩も重要だ。
ちょっと人が多くて、竿も曲がっている様子がないので、見学だけ。でも、よさそう。空いていればやってもいいかも。
ここもスルーして、道路に出て川立てしてみる。
大きな体育館の前の瀬ががら空きだ。
鏡のような淵があり、段々の瀬がみえる。寄ってみよう。

Photo
体育館の駐車場に降りてみると、囮屋がある。こりゃ、ポイントだな。遠くに5人、近くに2人みえる。その間の鏡と瀬尻が空いている。よし、やってみよう。

« まて調味料 | トップページ | 矢作川探索2 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

で、で、で、どうだった??? 明日かぁ・・

先ほどはお疲れさまでした。
またまた楽しいお酒でしたね。
続き、楽しみにしてますよ。

sinoさん、鮎はむずかしい。情報が早いので、いい場所は空いてないし、竿抜けを探さねばね。あまり期待しないでね・・・

ojさん、こちらこそ。
しかし、Fさんすごいねえ。ああいう副社長がいる会社は楽しいだろうねえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/54844361

この記事へのトラックバック一覧です: 矢作川探索1:

« まて調味料 | トップページ | 矢作川探索2 »