« 石徹白、山の恵みと置き去りの心3 | トップページ | 石徹白、山の恵みと置き去りの心 補記 »

2012年5月18日 (金)

石徹白、山の恵みと置き去りの心4

さて、2日目。
朝からいい天気。昨日は風がやや強かったが、今日はもう穏やかで気持ちいい。

今日は川っぺりを散策し、お昼は山菜てんぷらうどんと残り物総ざらえ焼きそばだ。
朝食後、ロックフィールド石徹白横の駐車スペースに車を止めて、散策。
AKさん、こごみのほうけかけの群落から、食べれそうなものを選り分ける。
YDさんウドを見つける。おおすごい!
俺も、takuと2本収穫。
AOさん、本流釣りは大苦戦。気配なし。まあ、昨日今日で2匹あまごを引き出した。コンディションを考えるとやるなあ。

昔、よく行った下谷で切り返す。

二輪草の群落と柳の巨木。

Nirinnsou2

Yanagi

さて、ベースのバーベキュー小屋に戻って、昼食準備だ。

Tarakosi

ここは、子ども等に山菜体験。kyonkyon&komio&taku。俺は指示だけ。
お!はりぎり発見。
小手調べに採ってみて。とげには気をつけて。
お!たら発見!

Tara

薮をこぐ。ばきばき収穫。やはり3人一組がちょうどいい。
探す、幹に取り付き、枝を曲げ、収穫。
薮をぬけると杉の木立に。
下草のさまざまな植物が杉が迫ってきている。蔓で締め上げているものもあり、倒れて朽ちているものから生えているものもあり、時間をかけた生存競争が繰り広がれている。
木立から少し外れた日当たりのいいところに、ちょっと大きくなったコシアブラの芽立ちがたくさんあった。食べごろだなあ。
ほくほくしながら、収穫。結構採れた。
本日は、たら、コシアブラ、はりぎり、こごみ、うど、前日収穫したアサツキ、しいたけ。すごい!
まずは、うどの茎の短冊。なまみそなすりつけて。

Udo

これだ!辛く、えぐく、青いが、爽快!みその濃い味とぴったり。これがザ・山菜かも。
次は、やきそば。半端な野菜を皆入れて、ソーセージも。文句なし。

Udon

続いて、山菜てんぷらうどん。

Udon2

半熟卵つき。
市販のめんつゆにしいたけとえのきをほうりこんで、煮立てる。
ああ!出汁が濃い。
冷凍うどんを湯がく。まずは温かいうどんで。おお!うまい!あさつきがいい仕事している!ねぎよりもねぎだ!あさつきのみじんぎり、あなどれない!卵もいい!
続いて、ちょっとめんつゆを足して、ころうどん風にして、チューブのしょうがを入れる。
山菜てんぷらににばっちりあう。たら、コシアブラ、うど、ハリギリ、違いがはっきりわかる。一塩で食すてんぷらとめんつゆとしょうがで食すてんぷら、双璧だなあ。
これがないとなんか始まらない。
また、こごみのおひたしがいい箸休めだ。特に先っぽの丸まった部分の食感がいい。歯ごたえとそこはかとないぬるみ。コクがあるけどあえかだ。青くさくもある。ごまあえ、にんにくまぶしもうまかった。
学童保育を卒業し、仕事も忙しかったり、体調もいまいちだったとしても、やはり俺は続けたいね。
今回は、仕事上ぎりぎりだった。顔パスだ。
帰りに桂清水をくみ、桂に挨拶。

Katura

石徹白の大杉とともに石徹白の名木だと思う。多くの子分をしたたがえているようにも見える。
最後に白鳥町の温泉、美人の湯による。
あまりの気持ちよさに露天風呂の外で寝込んでしまう。寒くて目覚めると風呂へ。ああ、いいなあ。

Yuu

なんか、魂を置き忘れてきてしまったかも。
古来、岩魚は魔性の魚といわれ、谷に入ると奥へ奥へと誘われて、気がつくと帰れなくなったり、怪異な現象に出会ったり、いろいろあるね。
この時期は、自然が最も美しいので、ずっと目に留めておきたいなあ。またこよう。

« 石徹白、山の恵みと置き去りの心3 | トップページ | 石徹白、山の恵みと置き去りの心 補記 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

もう一泊、なにもしないのんびりのびのびの一日があったら・・夢かな

そうそう・・ハンモックに揺られて居眠りして過ごす1日があったら・・。

2日目の様子がよく解りました。山菜天ぷらうどんいいなぁ!

sinoさん、ほんとですね。俺、考えすぎてだめなときも多いんだなあ・・・余裕がないとね。

ojさん、ハンモック気持ちよかったですよ。今度はゆっくり行きますか。
しかし、野球のアップ早いねえ。さて20日の件、動くよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/54710287

この記事へのトラックバック一覧です: 石徹白、山の恵みと置き去りの心4:

« 石徹白、山の恵みと置き去りの心3 | トップページ | 石徹白、山の恵みと置き去りの心 補記 »