« カツイチ、ストッパー背カン | トップページ | 愛知県ラグビー祭りとボトムライン »

2012年5月29日 (火)

鮎つり、河川いろいろ

今シーズンは1回、九頭竜川の鮎釣りに挑戦してみようかな。

白鳥インターから回れば、そんなに遠くないかも。
長良とは違う意味の大河であるが、数が出そうで、また、かなり流れにもまれた背びれが発達し、セッパリになった鮎がいそうな感じがある。
今年は遡上量が多そうだ。
平成20年のときと同じぐらい。去年は最低クラス。
矢作川では、漁協の研究と実践が鮎の自然遡上と繁殖に貢献し始めているのではないかと思う。
その実践が他漁協に影響を与えているのではないかな。矢作川、もはや解禁し、漁協のホームを見るとよさそうだ。瀬戸から回ると意外に近い。いってみるべ。

長良川では、洲原の鮎を狙ってみたい。
長良川の水質は川底からの湧水によって保たれているし、洲原地区の湧水量は長良の中では随一である。ここの鮎の品質が長良一番といわれる理由もわかる気がする。
それから、白滝釣具店さん、上下の瀬。
白滝次郎さんの御漁場をちょっと見てみたいなあ。
白滝さんのブログ、人気あるのわかるなあ。
釣果もすごいのだが、なんか自然と人に対する目線がいいなあ。
同世代人が川とともに生きている姿がうらやましくもあり、大変そうでもあり、何かを感じてみたいなあ。

少しずつでもモデルチェンジをして、経験値をあげて、適応力を向上させたいね。バザー用魚、不漁の時の新機軸づくりだあ。

今年は、フロロカーボン製の水中糸を試してみます。

« カツイチ、ストッパー背カン | トップページ | 愛知県ラグビー祭りとボトムライン »

釣り」カテゴリの記事

コメント

釣り場に行ったらホント身体がたくさん欲しいと思えるんじゃないですか?
あそこもここも試してみたい、でも時間は刻々と過ぎていく・・みたいな。

この時期、テンションあげるんですわ。
大の大人を夢中にさせるには何か理由があるんでしょうね。日本の夏を代表する魚ですから。鮎を考えることは、日本の川と自然を考えることでもあると思います。
今年はほんとに結果出したい・・・
めだか釣具店に高松重春さんの写真がかざってありますよ。

このあいだ京都の川魚店で鮎の塩焼きを買い占めました。5~7cmくらいの頭からバリバリ食べるサイズ、琵琶湖産ね。その店の先の魚屋で10cm強のまるまる太った鮎が売られていて・・・なんとこのまるまるは愛知産でした。矢作川かしら。
九頭竜ですか、流されないでね。

気をつけます・・・
瀬戸から回ると矢作川、意外に近いです。解禁したので出回ってるな。ダムの水量調節で天然遡上ものが多いそうです。よく研究してますね。
7/8、バザーとライブがきまりましたので、どっちも全力で行きます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/54682449

この記事へのトラックバック一覧です: 鮎つり、河川いろいろ:

« カツイチ、ストッパー背カン | トップページ | 愛知県ラグビー祭りとボトムライン »