« 今期渓流事始2 | トップページ | はつまての人 »

2012年4月24日 (火)

写真雑感

s10さんの単焦点300mmのレンズ。

被写体に対する迫り方と周囲のボケ味に表現力があると思う。

Dpp_0001

Dpp_0002 

Dpp_0007

瀬戸西高校のメンバーとラグビーというスポーツをよく知っている人でないと絶対に撮れないすばらしい写真だと思う。
今、自分は多焦点で、深度があっても多くの選手の顔がなるべく映るという観点から撮影してしまっている。ちょっとワンパターンだな・・・
また今までの写真を見ると、必ずボールが写りこんでいる。ゲームはボール周辺でおこっているだけではない。備えやポジショニングもゲームだし、もっと視野を広げないといかんなあ。ありゃ、NO8に言っていることと同じだ・・・

0

0_2

多焦点でのバックスのラインの鳥瞰図や、メニューで単焦点に切り替えて、露出優先で、それぞれの選手のアップを狙ってみるのもいいかもしれない。
s10さん、ちょっとなんかブレークスルーしたね。参考になる。
あと、ojさんの言葉、「最後の試合は、ファインダー越しでなく目に焼き付けたい。」それもわかるなあ。
チャンスになると、俺もシャッター切るのを忘れてつい見ちゃうんだね。まだまだだなあ。
やっぱり何事も奥が深いし、このペンタックスでできることはまだまだあるし、少しでも奮闘ぶりをよりよく伝えたいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、負けて覚える相撲かな、とか勝ってかぶとの緒を締めよとか、昔から勝負事の格言はあるなあ。
名西工業との敗戦のDVDを、愛知高に勝った日に見る。
「何で負けたんだろう・・・」
と不思議がっていたが、見てそれなりに分析できたようだ。
鳥瞰図でポジショニングを確認すると、相手のディフェンスの穴もよく見えるし、トライをとられた原因もよくわかってくる。
最後は、体力とスピード、連携の徹底、全員が普通のことをきちんとやること。これに尽きるね。
ミスは誰もしたくてしない。原因を突き詰めると、トレーニング不足、打ち合わせ不足になってしまう。
ミス、ペナルティをいかに減らすか。そこを考えて練習するしかないね。
心配しないでも、今週も地獄のトレーニングが待っている・・・

« 今期渓流事始2 | トップページ | はつまての人 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

時間さえ合えば僕が撮影に徹するので一試合肉眼で観戦してみてください。
絶対にいつもと違うものが見えるはずです。
また第三者が撮影する事によっていつもとはひと味違う色になりそうで興味深いですね。


僕は最後の試合だけは「カメラ」を捨てて大正解でしたね。

ありがとうございます。最初のころは写真を撮ることは考えてなかったので、逆にファインダー越しの絵が新鮮でしたね。またどうどうとグラウンド近くで見れるのもアドバンテージだと思いましたね。
今は階段の踊り場にいる感じですね。どういう方向で行くかまた考え中です。
s10さんやojさんの写真いいなあと思うし、違いが興味深いですね。
なんかお願いしちゃうかもしれません。

ご無沙汰しております。
本文、またSWRFC文は大変恐縮です。
差し上げた写真メール添付は「レンズ沼」に見事にはまった私をただ笑ってもらいたかったからの理由です。実際、21日グラウンドに応援に来てくれたレンズ沼同級生に指さし笑いを受けました。ブログ管理人時は試合の流れや局面を伝えるべく現場表現に徹して参りました。今はo1211さんのおかげで 安心して、諸君のいい顔表現に目覚めています。精進、進化し援護射撃できたらと思います。

ナイスゲーム!勝ててよかったぁ。

s10さん、そうですね。今は、流れやポイントになるプレイを撮ろうというよい報道写真を目指してますね。トライに結びついた最初のプレイや、光るディフェンスといったような・・・でもなかなか難しいですね・・・ラグビーは下敷きなっている子も多いし、説明的でかえってわかりにくかったり。
さまざまな角度からのトッピングがいいなと思いましたね。
試合はほんとよくがんばったと思いますね。
新人戦からこっちちょっと気を使ってましたんで。これでみんな自信を持って、明るくなってほしいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/54545155

この記事へのトラックバック一覧です: 写真雑感:

« 今期渓流事始2 | トップページ | はつまての人 »