« 早春の山菜 | トップページ | 空気感がどうも重い・・・ »

2012年4月28日 (土)

春日丘戦秘策とシンスプリント。

本日高校総体ラグビーの部、名北地区予選、瀬戸西・名東vs春日丘戦。

13:30 K,O 春日丘高校グラウンド

今年の春日丘については、県順位が4位とちょっと調子がでていないようだ。西陵の気合に押されているのかな。

バランスがいいチームで、バックス展開をしたがる傾向がある。フォワードはやはり姫野頼みかな。
やはり、フォワードのスクラム、集散のスピード、オーバーの強さなどによるボールの支配率が勝負のカギだと思う。
おそらく、姫野にはマンツーマンディフェンスでいくだろう。とめ切れるかな?
あとはtakuの踏ん張りである。相手ボールでフランカー、マイボールでno8と、休む暇のない、非常に厳しい動きを強いられているが、状況を考えると致し方ない。走りぬけ。
すねの痛みはシンスプリントという診断かあ。骨と筋肉がはがれかける症状。使いすぎでおこる。
そうだろうな。さすがに丈夫なtakuでもきたか。
今度は、no8の対面はオールジャパンの姫野だ。やつがエイト単独にきたらタックルに行かなければならないし、フォワード戦では相まみえねばならないだろう。
急増合同チームがそう簡単に勝てる相手ではないが、どこまでやれるか?
走りぬくしつこさと献身性ならそう負けてはいないと思う。
怪我にはくれぐれも注意だね。

今から出かけます。また、アップします。

« 早春の山菜 | トップページ | 空気感がどうも重い・・・ »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

今日は拠所の無い用事で応援に行けませんでした。残念。
いい財産になりますね。
後々語り継がれる大一番になることでしょう。

瀬戸西ホームでも書きましたが、新人戦から10kg体重を増やさせて、バックスに大きく回す。
フォワードの密集での人数を減らし、ライン参加させ、2枚余らせてディうフェンスをやぶっていく。チャージも早いし、キックも強い。さすがでしたね。
それでも必死に食らいついていく姿はよかったですよ。
強いところに行って上を目指すのも、1から前に進んでいくこともどちらも価値があることです。
1トライできたことは財産です。

1トライ!すごいですね。
選手達はこの結果に満足していないかも知れませんが、個人的には0-50の完封負けよりも大きな意味があるような気がします。
残り試合の健闘を楽しみにしています。

「もう俺には怖いものはない。」とうそぶいてましたが、激闘でヘロへろでしたね。
でも一生の糧になる試合だったと思います。よくがんばった。
今日は練習送りがてら、時間があれば、中京対愛知学院のsouta君出場試合を見に行ってきます。

OBです。あくまでも個人意見ですので、気にされないでください。
・西校生徒なら良いですが、他校の生徒ですので、呼び捨て呼称でなく、『○○選手』が良いと思います。
・相手がBIG NO8ならば、こちらは3人掛かりで、彼を止めるのでなく、『ボールをまわさせない』努力が必要かと思います。しかし、彼よりも、実はフランカーの○谷選手が強敵と忘れないでください。彼の最初の1歩は、半端ではないです。
・走りまくって・・・とよくまわりは言いますが、簡単なことでないのは、周知のとおりです。走りまくる気合いは必要ですが、その前に、ディフェンスは、一歩でも早く、数秒でも早く、仕掛ければ、かなり楽ではないでしょうか?
・選手のみなさん、大差負けの後は、精神体力ともにきついと思います。次回は個人個人が、目標をたてて、戦ってください。たとえば、姫野選手に10回中9回突破されたのなら、次回は10回中3回までにするとか、数ミリづつでもいいから、進化してください。BIG選手の大腿部やふくらはぎへのタックルはタックラーもダメージ大きいですが、足首あたりはどう思いますか?タックルの基本を再度、見直してはいかかでしょうか?

・『再び!瀬戸西黄金時代』を目指してください。
個人的意見で失礼しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/54576713

この記事へのトラックバック一覧です: 春日丘戦秘策とシンスプリント。:

« 早春の山菜 | トップページ | 空気感がどうも重い・・・ »