« 銃・病原菌・鉄 | トップページ | プレッソ兄弟 »

2012年4月15日 (日)

春、だいせん

久しぶりに、帰りに一杯行こうということで、ちらっと「だいせん」による。
あいかわらずいい仕事だなあ。

ウドの酢味噌あえ、フキとがんもどきの煮物、ワラビのおひたし。

Photo
こういうのは、店で食べれないよ。なかなか。
ウドの短冊は新鮮で茎が太いものでないととれないし、えぐみがなく、清涼感がふあっと香ってきたので、本物に間違いない。
フキはあの食感とややセロリ風の香りが残りつつ、だしをたくさん吸い込み、がんもと相性ぴったり。
ワラビのお浸しは、店ではじめて食べた。あの特有の粘りはあったね。
ワラビのアク抜きは難しいね。稲わらを燃やしたわら灰と一緒に熱湯に放り込み、一晩置くのが、正統なやり方なんだが、なかなか待てないので、重曹で抜いたりするのだが抜きすぎると風味がなくなってしまう。微妙なんだな。でも充分風味を感じた。
山では、杉の樹皮を燃やしてわら灰の代わりに使っているが、結構短時間で仕上がるし、いい具合だね。今年もでていればやってみるか。
きっと、ものは産直で、案外趣味の常連さんの持ちこみかもねえ。俺もこの近所に住んでたら、釣りまくってこの店へ持ち込むという常連になっていたかもしれない。
ほんとに季節を感じさせてもらいました。
やっぱり俺は日本人だなあ。

« 銃・病原菌・鉄 | トップページ | プレッソ兄弟 »

食べ物 飲み物」カテゴリの記事

コメント

そっかぁ。
いつもの太郎会の唐揚げ、豆腐ステーキ、串カツ、牛すじ、バターコーン+〆にチャーハン、焼きそばは僕とFさんのせい?

僕も本当はこういう注文の仕方をして季節を味わいたいんだよなぁ・・。

ojさん、まだまだガッツリ系でいいですよ!俺は飲み始めるととことん飲んじゃうんでだめなんだよなあ。
でも、OBで50台だともうちょっと恬淡としていたいと思うのですが、太郎では騒いでしまうなあ。
まあ、山菜ツアーを楽しみに。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/54466719

この記事へのトラックバック一覧です: 春、だいせん:

« 銃・病原菌・鉄 | トップページ | プレッソ兄弟 »