« 吟行としての伊勢路行 | トップページ | 守山西城学童クラブ卒所式 »

2012年3月12日 (月)

潮干狩り、はしりの様子見

大潮周りの引き潮も、昼と夜の差が接近してきたなあ。
潮干狩りの本格シーズンもももうすぐだ。
今年も、高松海岸を中心に、まて、ハマグリ狙いで行こう。

でも、春先は釣り物がなあ、本来、根魚なんだが、おかっぱりでねらえる三重方面でいいポイントがわからない。霞埠頭は実績があまりないしなあ。三部の突堤は今は入れるのかな?

しかし、気になることは、やはり放射性物質・・・
もう何もできないのかと思うぐらいだ。もちろん、気にしだしたらきりがない部分もあると思うが、この不安は払拭することができない。
いつも俺は遊び場を破壊されてきた。
国土交通省と県の公共事業が破壊の元凶で、自民党と官僚、財界が作り上げてきた厚顔無恥な自然破壊と収奪システムであり、それが極まったということに他ならない。
今まで偉そうなことを言っていた人たちを見るのもイヤだ。

まあ気を取り直して…大丈夫だとおもって、ちょっと下見がてら行ってきました。高松海岸。

Cimg0447

でもまだあまり潮が引かないね。

Cimg0446

待ちきれない人もたくさんいたようだ。

マテガイは反応鈍い。まだ、寝てるのか?
ハマグリは結構とれた。

Cimg0453
この調子なら今年もいけるかな。
カモメが掘り起こした後の砂をつついて、ゴカイなどを探している。今日はたくさんいたなあ。
足跡。

Cimg0450
人と鳥。

Cimg0451
大きなハマグリが3個、取れた。

Cimg0452
「いいはまぐりだねえ。」とおじさんに褒められた。偶然ですけどね。

Cimg0448
水に入って、手で探っている人もいた。帰りしなにみると、大漁!
こういうやり方もあるんだ。夏にやってみよう!

« 吟行としての伊勢路行 | トップページ | 守山西城学童クラブ卒所式 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

夏にやってみるって? 今頃だからいいんじゃない?
けど、いいね!ハマグリ。

工業地帯に潮干狩り。
このアンバランスの妙がいいですね。
まだ少し寒そうですね^^;

sinoさん、ちょっと時期が早かったかな。潮の引きが今一つでこんなもんか・・・
マテが出てこなかったなあ。
ハマグリはうまい!ここの砂浜、いろいろな生物がいて、面白い。

ちょっと寒かったです。まあ様子見ですからね。今年も良さげですね。
本当に工業化は正解だったのだろうか…
火力発電所とコンビナート。
ここの浜はハマグリには最高の砂ですね。

すごく良さそうな砂浜・・・。
潮干狩りか・・・もう、そんな時期。ハマグリうまそう~!
潮出ししている貝類をじーっと見るのが好きです

mashichanさん、ここの貝はあまり砂を噛んでいないですね。でも、1日置いた方がおいしい!これが発見でした。味が濃くなる。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/54170915

この記事へのトラックバック一覧です: 潮干狩り、はしりの様子見:

« 吟行としての伊勢路行 | トップページ | 守山西城学童クラブ卒所式 »