« ラグビー日本選手権、サントリー優勝。 | トップページ | サッカーの観戦力を高める »

2012年3月25日 (日)

ハマグリを食す

ハマグリはやはり澄まし汁が一番かなあ。
青みはどうあってもミツバ!

このだしの味は素晴らしい。なんかアサリに戻れない。どうしよう・・・やはり、桑名のハマグリだ。
結局、砂、水、空気、温度の産物なんだろうなあ。
偉大で精妙な自然がもたらしてくれる果実であり、潮の満ち干きという自然の障害が乱獲を防いでいるのだ。
しかし、地元の人はすごいなあ。ほとんど同じ場所、道具も持たず、あの量を確保するとは・・・
水中の砂地を足と手で探り、採っていく。
いくらハマグリが砂の表面近くにいるとはいえ、絶対に追随を許さない熟達の技と知識があると思う。すごい。
俺はマテ狙いだったんだが、まだ時期が早かったのか・・・
ゴカイがすごくわいていた。いわゆるばちぬけ現象が近いのかな。水中に産卵のためゴカイが舞う現象だ。魚が狂うという・・・
さて、ハマグリ、他にどう食うかだ。
大きなものは、焼きハマグリかな。酒と醤油で。
あとは、ブイヤベース?パエリヤ?
うーん、うまそう!
しかし、久しぶりなんで、ここは、和風かなあ。シンプルにハマグリの味を感じたい。
昆布とあわせ、白菜と豆腐。白身魚も入れての鍋か・・・

で、やってみた。白菜、魚はなしで、ねぎ、ミツバ、水菜をざく切り。
絹ごし豆腐一丁。
酒少々。昆布少々。片栗粉で若干とろみを・・・
うまい!
とろみと青物のシャキ感。ハマグリの風味が豆腐によって、広がりを持つ感じ。「ハマグリの豆腐餡かけ」という名前にしようかな。
あとは、馬刀と大ぶりハマグリの醤油焼き。まずかろうはずはない!
ああ!もっと食べたかった・・・

砂洲を掻き塩打ち馬刀を待つ姿
足速き馬刀は逃げのび形見鼻

« ラグビー日本選手権、サントリー優勝。 | トップページ | サッカーの観戦力を高める »

食べ物 飲み物」カテゴリの記事

コメント

はまぐりが食べたくなりました。
是非、太郎会の前に桑名にお出かけ下さい!!

2句目の解説をお願いします^^/

根魚と潮干狩りも人生テーマなんです。潮があえば太郎会前に行ってきますね。
前に言った、根魚の新釣法、確立できれば、どっちかは持っていけるかも。
暖かくなるとアウトドアが楽しみになってきます。

そうそう、二句目はマテはとかげの尻尾切りみたいに吸水管を切って逃げるのです。二個穴が開いたひらべったい肉片で豚の鼻そっくりで潮だまりに浮かんでいるのをみると悔しさも一塩で、敗北感がありますね。

桑名に繊細なハマグリなべを食べさせる名店があるそうです。一度いってみようと思っています。

sinoさんも、にっていがあったら、潮干がりいきますか?
面白いよ。うまそうな店は結構あったなあ。素通りしましたが。

そうですね。日程合えばお連れください。人の都合より潮が絡むからねえ、よろしく。

高松海岸を見てほしい気持ちもありますね。
かろうじて残った桑名の浜です。工業化以前がいかに豊穣な浜だったか、思わせてくれますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/54206409

この記事へのトラックバック一覧です: ハマグリを食す:

« ラグビー日本選手権、サントリー優勝。 | トップページ | サッカーの観戦力を高める »