« 守山西城学童保育クラブ2011年度卒所旅行アップ! | トップページ | 事務連絡です。 »

2012年3月 3日 (土)

mesaな話1

俺の使用アンプ、mesa boogieの話。
今度のライブでは使いたいなあ。

フェンダー社でカスタムを担当していた創業者のランドールスミス氏が起こしたメーカーで、回路の独創性、クリーントーンとオーバードライブの両立性など、只者でない感じはあるなあ。天才にしかできん仕事だと思う。
初めてさわったカルロスサンタナが「Man,that little thing really Boogies! 」と叫んだところから、社名がつき、サンタナの活躍と同時に大人気アンプとなっていった。
一方で、マークⅤシリーズやレクチファイヤーという大型の機種で、アメリカンな爆音系のメタルシーンのサウンドを支えたといって過言ではない。
オールラウンドなアンプメーカーだなあ。アメリカの職人仕事って、独創的ですごく奥深いものを見せてくれる。ここが底力なんだろうね。世界のリーダーを自覚するなら、マネーゲームや戦争やジコチュウ外交はやめて、社会保障と人々に対し正当な評価を下せる国になってください。
俺の今使っているF30は、もう絶盤の中古品だけど、気に入っている。

Mesaboogief30
聞き比べて購入したので、自分にあっているんだろうね。
音の輪郭と直進性にすごく特徴があって、ch1のクリーントーン、ch2のブルース系クランチトーン、ch3のメタル系オーバードライブと、フットスイッチでの切り替えは、ちょっとわかりづらいが慣れれば簡単で、ヘッドフォンモニターがあるのも真空管アンプでは珍しい。いいアンプだと思っている。
いまだ世界にファンがいるようだね。

俺のは、ドクターミュージックで真空管のプリアンプを交換して、カスタムしたら、すごく安定してきたね。まあでも、真空管特有のノイズと音圧感はすごいので、静謐を好むタイプの人には嫌がられるかもね。
俺は、今のところ、クリーントーンにボスのブルースドライバーをかませて、ちょっとクランチさせ、リバーブを少し厚めにかけ、ベースのイコライザーをちょっと下げ気味にしたサウンドが好きだ。
ギターは、今のメンバーのサウンドを考えると、今使っているSGスペシャルがあっていると思っている。ハムバッカーとの相性はいいなあ。どっちも負けてないし。
で、肝は、リードになった時のch2への切り替えだ。
ものすごく主張できると感じる。単音の音の太さがいい。芯喰う感アンプと親父ギャグを飛ばす。
また、リバーブを効かすと艶が出る。ゲインとヴォリュームを会場の大きさにあうようにセッティングしておけば、切り替えがスイッチ一つなのでメリハリがすごく効く。
ライブを自分の音でやりたいと思えば、機材もなれたものをもっていくしかないと思う。

もうひとつがフルアコを使ったサウンドだ。ch1のクリーントーンを使ったポップスへのアプローチはもうちょっと追求して見たい。

エレアコともソリッドとも違うサウンドになるし、何回か試したけれど、悪くないと思っている。ただハウリング対策だけはしないとね。
将来的には、少しジャジーなフィーリングをトッピングできたらと思う部分もある。
Tボーンウォーカー、チャーリークリスチャン、ウィスモンゴメリー、ケニーバレルなどなど。たくさん聴いて、頑張ってコピーしようと思っている。自分の中からなにがでてくるかな?

« 守山西城学童保育クラブ2011年度卒所旅行アップ! | トップページ | 事務連絡です。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

o1211さんの、この玄人跣の論評を、どこかで展開できないかと・・この春の課題。寝ながら考えると名案が浮かぶ・・はず・・。おやすみなさい。 今週末は仕事します。

そうそう、同感。
この論評を読みたい人が世の中にはたくさんいるはず。
ここでくすぶっていてはいけません。
なんとか架け橋になりたいんだけどなぁ。

sinoさん、忙しそうですねえ。年度末だもんね。
うちも会社も人事異動で浮足立ち始めました。俺の運命もどうなるか・・・
俺の文、そんなに面白いですか?適当すぎで自分じゃまだまだと思ってるんですが…
望外の喜びです。うれしいな。ねたはまだまだあるよ。頑張って続けますね。

ojさん、音楽ネタは宴会の時に出てしまう。ココログの自動公開設定によるものですね。
このアンプ、暴れ馬のようで面白いんですよ。こなすまで相当時間かかりました。今つまみがいっことれて、困ってます。フランス車みたい…
嬉しいコメントですねえ。頑張って続けますね。ちょっと気を使いながらですが、好き放題書いてるね。
表現力は多少ついてきたかなあ。だとしたらうれしいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/54033991

この記事へのトラックバック一覧です: mesaな話1:

« 守山西城学童保育クラブ2011年度卒所旅行アップ! | トップページ | 事務連絡です。 »