« なんやさんで今年度総括 | トップページ | 馬篭ポタリング1 »

2012年3月19日 (月)

hey,hey聴いとくれ。

3/4のメモリーレーンの映像をyoutubeにito君がアップしてくれたので、ちょっと貼り付けて見ます。hey,heyという曲です。
どうかな?

この曲は、凄く好きでバンドアレンジしたいとずっと思っていて、何回もライブでやっているねえ。
1920年代のブルースソングで、独特のドライブ感がある。
今回はフルアコで、クランチははちょっと抑え気味、フィンガーピッキング奏法にして、5,6弦のルート音もしっかり入れることを意識した。
楽器隊は皆キッチリ音が出ている。
ドラムは切れが増している。ベースラインは自在感が出てきた。
基本ができてきているので、音のくっきり感、からまり合いが俺たち独特のものになっていると思う。この曲をこういうアレンジで演奏しているバンドは他にないと思うね。
ボーカルは、moの縮緬ビブラート、くいとタメがしっかりあって、かっこいい。
原曲のドライブ感が伝わらないかなあ。クラプトンのアンプラグドの時の、2台のアコギのアレンジとまた違って、3ピースも味があると思うけどね。
歌詞はこんなかんじ。

Hey hey, hey hey, baby hey,
Hey hey, hey hey, baby hey,
Hey hey, hey hey, baby hey
Hey hey, hey hey, baby hey,
Hey hey, hey hey, baby hey,
I love you baby, but I sure ain't gonna be your dog
Hey hey, hey hey, baby hey,
Hey hey, hey hey, baby hey,
With my arms all around you, baby,
you know, that's all I can say is hey
Hey hey, lost your good thing now,
Hey hey, you lost your good thing now
You had me fooled, but I found it out somehow

男女間の日常風景だ。
やはりこれは、カウンターカルチャーであり、普遍性をもつ文化だなあ。
エスタブリッシュメントな音楽にはない、人々の真実と感情がはっきり出ている。
金や権力で人を支配しようする力を、したたかにかわす、そんな気持ちを与えてくれる。
こういう音楽を奏でていたいね。

« なんやさんで今年度総括 | トップページ | 馬篭ポタリング1 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

上手いですね!
経験で培った貫禄というか雰囲気がにじみ出ています。

今日は一緒に遊んでいただいてありがとうございました。
初めて訪れる土地はやはり新鮮で面白いですね。
また是非ご一緒しましょう!

お疲れ様でした。
こちらもまた本編でアップしますね。
なかなかでしょう?このスタイルでやっている人ははほとんどいないと思う。結構自信あります。温故知新です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/54206522

この記事へのトラックバック一覧です: hey,hey聴いとくれ。:

« なんやさんで今年度総括 | トップページ | 馬篭ポタリング1 »