« キノコ鍋 | トップページ | enzo氏の自転車周辺論 »

2012年2月19日 (日)

enzo氏の身体論

エンゾ・早川氏の「ロードバイク秘伝の書」を購入。著者は神奈川県にある自転車屋さんの店主。
みらいや書店で平積みになっていたよ。売れているのかな。

内容は、身体の使い方、アイテム、食事、和物の使い方など、ちょっと偏屈で、起伏が激しいが、体感して考えたことがストレートに感じられる。
自転車を売るという行為が、ライフスタイルを売るということと同義語になっているのが、ここ最近の特徴だなあ。ロードバイクを乗ること自体が自己主張である。

自転車屋店主として、少しでも長く乗ってもらいたいと考えることに、うそはないし、自身走行会を主催し、ダイエットや生活習慣の改善に実績あり。
自転車がらみの文章のうまい人は以外に多い。乗っている最中に思考しているのだと思う。
どういう走りがいい走りで、長く走り続けられるのか、出てきた論は説得性がある。
俺も毎日の通勤自転車乗りだからね。
3D猫背という考え方には刺激がある。
背中のアーチがきれいだと、確かに疲れないし、肩甲骨を開いている状態が広背筋や僧帽筋を効率よく使え、楽に上体を支えられることになる。
それと、もう一つ、オフセットヘッドという考え方。
上体を傾けた時の首を上げる筋肉に、僧帽筋ではなく、首jの後ろの板状筋を意識すること。これは、肩こりを防ぐ意味でも大きいなあ。
それと、膝の抜き方。
大腿四頭筋ではなく、ハムストリングスの意識的使用。これも実感がある。
全体に、甲野善紀さんが提唱した古武術的身体論に近い。
姿勢がいいということが、胸を張ってかかとを閉じることではなく、3D猫背とつま先をまっすぐにした姿勢で、骨で立つのではなく、筋肉を使って立つことを意識すること。
思い当たるね。甲野さんのいうところによる、なんばの姿勢に近い。
走りについても、早稲田のスポーツ科学科出身らしく、一家言ある。
かかとを着地させず、土踏まずをばねとして最大限使う。小指サイドを先に着地させ、拇指球から蹴りだす。これもハムストリングスの意識。最近自分に自転車乗っていると腱や衝撃に対して弱ってくる自覚があり、違うトレーニングの必要も感じるのだ。
腰の蝶骨と肩甲骨を意識する。これも、日本人の体格に非常に向いている身体論だと思う。こういった走りは、takuがM先生に指導されていることとかぶる。最初の蹴りだしにつま先がくるぶしに当たるのを防ぐには、走りの意識変革と反復練習が必要だろう。
この本によれば、ラガーマンは、ほぼいいロードレーサーの資質があり、背中がきれいなアーチを描くという指摘は、非常に示唆的である。特にフォワード。あのスクラム姿勢。
この脚の使い方の習熟に下駄履きを薦めている。前歯の小指側から着地し、親指側に抜く。佐川急便の飛脚のようにけり足を長く。これも示唆的。学生時代ずっと下駄履きだった。忘れていた。
総じて、和の動きの身体的合理性を体感的に記述していると思う。ここに共鳴するポイントがある。
そうだ。すべての道が通じてくるのだ。立ってエレキギター弾く姿勢も、パソコンを打ち込む仕事での姿勢も、営業を必死こいて考えることも、俺が趣味としている、野球もバレーボールも通勤自転車も水泳も全部つながってくる。
ばらばらに見えていたものが、等しく連続していると思えてくる。
君は何がしたいのか?
と問われると、生きることすべてにかかわることを意識の元に置きたがっているというべきなのかな。
こういった身体論を考えることは、洗練と習熟に欠かせない行為だと思うね。また、日常生活の、けがを防ぐ、体調不良を防ぐ、危険を避けるといった何気ない危機管理に絶対に役に立つと思う。

« キノコ鍋 | トップページ | enzo氏の自転車周辺論 »

ライナーノーツ」カテゴリの記事

コメント

このようなコラム集で立派な本が書けますよ。スゴイ!
確かに自転車と走るのでは使う筋肉は違うけどベースになる考え方は同じというのがありますね。うちの妻が今月からスポーツジムに通い始めて長年来の悩みであった肩こりが無くなったと喜んでいます。今まで使っていなかった筋肉を使い始めたのでしょうね。

昨日の電話の件、お見事!パーフェクトです。大人っぷりを魅せていただきました(^з^)-☆

ありがとうございます。コラムと電話の件、素直に嬉しいですね。
奥様、長年の肩こり解消、いいですね!腰痛と肩こりは、人類の2足歩行から始まった業病です。
筋力アップと血流を良くするのが一番ですね。俺の場合、水泳が一番効きます。
続けるともっといいと思いますね。
下駄履きは試してみようかと思ってます。

人生に無駄なし! 
どの筋肉や臓器に意識を集中して身体を動かすか。意識するだけで効果がぜんぜん違うのは、あらゆるスポーツや身のこなしに共通することのようですね。

sinoさん、まさにそうですね。
無駄なことなんかないですね。
ふっとつながり気がつくのに速いも遅いもないです。気づかず死んでも誰かの教訓になるかも。
でも、俺は知りたいことがたくさんありますね。意識したいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/54014074

この記事へのトラックバック一覧です: enzo氏の身体論:

« キノコ鍋 | トップページ | enzo氏の自転車周辺論 »