« 中国怪異譚3 | トップページ | let's pc »

2012年1月13日 (金)

YAHOOブログ瀬戸西ホーム管理人覚書2

次に考えるべきことは、なんのために写真を撮るかということだ。

コンセプトなきホームでは意味が見いだせない。

もちろん、撮る写真として、バランスよく全員を撮りたい。しかしそれは不可能だ。

フォワード陣はだいたい下敷きだし、活躍の多寡がどうしてもある…

しかし、ここは頑張って追及すべきところだろうと思っている。

できるかぎりやるよ。

B5

また、芸術写真ではない。報道写真に近いと思う。

重要なことは、子ども達のいきいきした姿を親御さん及び関係者に見てもらい、喜んでもらうことと、瀬戸西に入ってみようとしている若い子達に、ラグビーをやってみたいなあと思わせるものを伝えることなんだ。

大きく言えば、ラグビー人口の増加に資するつもりでホーム運営を考えよう、ということだ。

大きく目標は持たねばね。

もうひとつ、重要な仕事に、プレイの反省材料に使うという点が上げられる。

動かぬ証拠をつきつける。

「おせえ!」「なんでつったってる!」「オーバーにはいれ!」「タックル高い!」プレイヤーであるならば、反省点を絶対感じ取れる、そういう写真を多く撮りたい。

B7

B8

B9 

とりあえず、こんなことを今の段階で考えてるね。でも、また変るかな。

自分自身の写真の技術的には、引き出しを増やして、反射神経を磨いていたいと思ってます。

Photo

« 中国怪異譚3 | トップページ | let's pc »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

今日の走くん躍動感が足りないなあ。軸足がべたになっているからかなあ。
選手諸君の写真には、管理人さんの意図が見て取れます。

写真はウソをつきませんね。
表情や目に真実が写ります。
1試合で500枚撮影してそのうち使われるのが10枚ほど・・。
ボツになった残り490枚にこそ真意があるように思えます。

FW陣が下敷きだし・・・のくだり、僕も経験しましたのでよく分かります。
思わず読んで笑ってしまいました♪

sinoさん、わかりますか?走る姿がまとまらないので、イラストをレイヤしてなぞったのです。自分でも駄目だと思いましたね。
自分で消化しないと絵も生き生きしてきませんね。下手だけど味がある絵と下手で駄目な絵があると、バイトのねーさまにいわれました。これは典型的だめ絵ですね。試行錯誤です。
整理に500枚のラグビーシーンを見てる人間もそう多くないと思うので、右脳に何かたまってくるかもしれないです。

OJさん、すごくラグビーや選手の心理がわかるようになってきました。意気消沈したり士気が上がったり、写真にみんなでますね。ボツになったものでも、面白いものいっぱいありますねえ。
何とか、プロップの写真撮りたいが、無理だね。
走の出番か…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574941/53664464

この記事へのトラックバック一覧です: YAHOOブログ瀬戸西ホーム管理人覚書2:

« 中国怪異譚3 | トップページ | let's pc »